Qualcomm Snapdragon 625とMediaTek Helio X20を比較

ベンチマークアプリを提供しているAntutuがQualcomm製プラットフォームのSnapdragon 625(MSM8953)とMediaTek製プロセッサーのHelio X20(MT6797)を比較した記事を掲載しました。

計測に利用したスマートフォンはどちらもXiaomi Redmi Note 4XのRAM 4GB + 内蔵ストレージ 64GBモデルです。

 

基本性能

大きな違いは製造プロセス、CPUのコア数、LTEカテゴリーですね。

Snapdragon 625は8コアプロセッサー、製造プロセスが14nm、8 x A53構成の、GPUがAdreno 506となっています。

Helio X20は10コアプロセッサー、製造プロセスが20nm、2 x A72 + 4 x A53 + 4 x A53構成の、GPUがMali-T880 MP4となっています。

LTE Cat.13は下り最大390Mbps/上り最大150Mbpsです。

 

総合性能

総合性能というのはAntutuベンチマークで計測される3D、UX、CPU、RAMを合算したスコアです。

Helio X20がSnapdragon 625よりも2万点差をつけて優位に立ちました。

2つのA72コアが大きく差をつけています。

 

シングルコア

シングルコア性能でもHelio X20が2300点差をつけて優位に経ちました。

 

マルチコア

マルチコア性能でも僅かながらHelio X20が優位に立っています。

A72コアがスコア上昇に一役買っており、僅かですが差が生まれています。

 

GPU性能

 

SnapdragonはGPUに関しては伝統的に優位性を持っていますが、約13,000点程度に収まり、Helio X20は16,511点となり、大きく差が開いてしまいました。

Helio X20にはARM製のMali-T880 MP4を搭載され、周波数が780MHzとなっています。

Mali-T880はSAMSUNG製プロセッサーのExynos 9 Series(8895)にも搭載され、コア数は12個となり、より強力なGPU性能を持っています。

 

総括

Snapdragon 625とHelio X20を比較した所、すべての項目でHelio X20が優位に立ち、特にシングルコア性能とGPU性能で大きな差が生まれました。

しかし、スコアでは優位に立つHelio X20ですが、百度の掲示板には体感ではSnapdragon 625の方が良いという書き込みも散見され、スコアが体感を保証するものでは無さそうです。

更に、今回比較したSnapdragon 625はミドルレンジ用プラットフォームですが、Helio X20はフラッグシップ用プロセッサーで、Helio X20が勝って当たり前みたいなところがあります。

 

今回計測に使用したXiaomi Redmi Note 4Xは初音ミクカラーの他に、初音ミクとコラボした限定版も有り、非常に珍しいスマートフォンとなっています。

初音ミクコラボモデルは入手が難しいですが、もし手に入ることが出来れば一生の宝ものになるでしょう。

 

参考

Source