2018中国国際進口博覧会のQualcommブースにMeizu 16thが展示

11月5日から10日まで中国の上海で開催されている2018中国国際進口博覧会(China International Import Expo/CIIE)のQualcommブースにSnapdragon 845を搭載したMeizu 16thが展示されていることがわかりました。

 

QualcommはCIIEで侯明娟(Hou Mingjuan)氏が登壇し「半導体や自動車、インターネットなどの多くの産業を支え、更にQualcomm Snapdragon 845によって多くのユーザーが優れたモバイルエクスペリエンスを供給していました。これに基づいてQualcommは5G技術を支える最新のSnapdragonの第1世代を投入し、より良いモバイルエクスペリエンスを実現することを目指します。」と発表しています。

今回そのSnapdragon 845が採用された中国メーカーによるスマートフォンの一つとしてMeizu 16thが展示されたようです。この他にはXiaomi Mi 8 Explorer Edition、nubia X、Smartisan JianGuo R1などが展示されています。一時は訴訟をされた間柄ですが何とか和解し、展示を認められるまでになったというのは感慨深いです。

 

最近ではHonor(HUAWEI Honor 8C)が初採用したSnapdragon 632を2番目に採用(Meizu Note8)することを認められたりと良好な関係が続いているようです。過去に流れていた情報ですがQualcommはQualcommが定める一定の販売量が期待出来ないメーカーにはSnapdragonを供給をしないという噂もあり、これが本当であればMEIZUはQualcommに認められたメーカーの一つになります。

昨今のスマートフォン市場はSAMSUNG、HUAWEI、Apple、OPPO、vivo、Xiaomiがその他のメーカーのユーザーを奪う形になっており、MEIZUはその他に分類されている厳しい状態です。販売台数を増やすことはここまで発展したメーカーがある以上並大抵の努力では行えないと考えていますが、減るスピードを緩めることは増やすよりも簡単だと考えています。Qualcomm、MediaTek、SAMSUNG、UNISOCのSoCを採用しているMEIZUは珍しいと思うので、そのあたりでマーケティングを行ってほしいですね。

 

 

Source | 参考