Qualcomm、Samsungの2022年Q1の取引先TOP5に浮上

Qualcomm、Samsungの2022年Q1の取引先TOP5に浮上

Qualcommがサムスン電子の2022年Q1(1月-3月)における取引相手の上位5社に浮上したと韓国紙が報道しました。

 

5月16日にサムスン電子が発表したビジネスレポートによると、上位5社の顧客はApple、Best Buy、Deutsche Telekom、Qualcomm、Supreme Electronicsで、これらの大口顧客は同社の総売上高の約14%を占めているようです。

 

Qualcommが上位5社に含まれるのは史上始めてで、今までにVerizonが上位5社に含まれていましたが、Qualcommの登場によって除外される形となりました。

 

Qualcommが上位5社に含まれた大きな要因としてSnapdragon 8 Gen 1の受注が大きく、Qualcommは同製品の製造をSamsung Foundryが開発・提供するSamsung 4nm(4LPX)で行いました。しかし、マイナーチェンジ版のSnapdragon 8+ Gen 1は台湾のTSMCが提供する4nm(N4)で製造しています。

 

市場関係者によると、Samsung Foundryの4nmは歩留まりが低く、主要な顧客が他の企業と提携する動きを見せているようです。しかし、サムスン電子は4月28日に開催した会議で「4nmの歩留まりに対する市場の懸念は過度であり、同技術は予想される歩留まりの改善曲線にある」と述べ、さまざまな懸念は改善しつつあると明らかにしました。

 

Source(1) | (2)