本日の発表会で展示されたMeizu X8はプロトタイプ。記者でも触ることが出来なかった模様

9月19日に行われたMeizu 16 Xの発表会で同時に発表されたQualcomm Snapdragon 710を搭載したMeizu X8の体験ブースに展示してあったものはプロトタイプで、地元記者でも触れることが出来なかったことが判明しました。

 

Meizu X8は9月19日に発表されながらも販売日は11月1日と非常に遅いです。まだ未完成製品ながら発表を早めたのは、フラッグシップモデルではないということで今回の発表会でついでに発表したという説が濃厚です。Meizu X8だけを発表したところで多くのメディアは書いてはくれるでしょうが注目は集めないと考えています。

 

スタッフが手袋をして持っている状態

どのスマートフォンメーカーでも行われていますが、基本的にMEIZUの発表会では発表会直後に発表製品に触れることが出来る体験ブースを設置しています。多くの製品が購入するまでラグがありますので、記者やユーザーに感想をSNSやブログに書いてもらい、消費者の購買力を高めるのが一般的です。

今回、Xiaomi Mi 8 SEの対抗機として開発されたMeizu X8の体験ブースに展示されていたものがプロトタイプで記者でも触ることが出来なかったとZAEKE知客が明らかにしました。電源が入っておらず、ディスプレイをオンにすることが出来ないので実使用感やMEIZUとして初めてのノッチデザインがどのような操作感を生み出しているのかは不明です。ReaMEIZUとしては型番やコードネームが不明ということもあり、製品ページを書くことが出来ず困っています。

 

Meizu X8の主なスペックは、型番はM852Q(?)、Android 8.1.0 OreoをベースとしたFlyme 7を搭載し、6.2インチのFHD+(2220×1080)のLCDディスプレイ、SoCはQualcomm Snapdragon 710 Mobile Platform、GPUはQualcomm Adeno 616、容量は4GB+64GB/6GB+64GB/6GB+128GBの3モデル展開、外部ストレージに非対応、リアカメラは1200万画素と500万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは2000万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3210mAhとなっています。カラー展開はブラック/ホワイト/ブルーの3色です。

価格は4GB+64GBモデルが1598元(約26,000円)、6GB+64GBモデルが1798元(約29,500円)、6GB+128GBモデルが1998元(約33,000円)で、販売開始日は11月1日です。

 

Source