Meizu PRO 6s(魅族PRO 6s)を発表。リアカメラに1200万画素(IMX 386)、バッテリー容量を3060mAhにアップグレード!

Meizu PRO 6s(魅族PRO 6s)を発表。リアカメラに1200万画素(IMX 386)、バッテリー容量を3060mAhにアップグレード!

2016年11月3日
Meizu PRO 6s

11月3日に秦皇島で行われたPROシリーズスマートフォンの新製品発表会にてMeizu PRO 6sを発表しました。

内蔵ストレージは最低モデルで64GBを搭載、リアカメラが2112万画素から1200万画素のIMX 386に変更され、バッテリー容量が2560mAhから2060mAhに変更されました。

SoCは依然としてMediaTek製のHelio X25(MT6797T)を搭載。

 

発表会の3時間前に中国工業情報化部にて認証を通過し、大まかなスペックが判明してしまいました。

それにより、大きな盛り上がりはありませんでした。

 

代わりとしてカメラ機能をアピールしておりました。

Meizuのカメラ性能には一定の評価が有ります。

 

 

Meizu PRO 6sのスペックは以下の表となります。

概要
名称 Meizu PRO 6s
型番 M570-S
コードネーム
発売日 2016/11/7
本体価格  2699元
本体情報
Android OS Android 6.0 Marshmallow
Flyme OS Flyme 5.2
SoC MediaTek Helio X25(MT6797T)
動作周波数/コア数 ARM® Cortex®-A53™1.4GHz x4

+

ARM® Cortex®-A53™ 2.0GHz x4

+

ARM® Cortex®-A72™ 2.5GHz x2

GPU Mali-T880
RAM 4GB LPDDR3
内蔵ストレージ 64GB
カメラ リア 1200万画素(IMX386)
フロント 500万画素
MicroSDスロット -
SIMスロット Dual-SIM / nanoSIM x2
バッテリー容量 3060mAh
バッテリー取り外し -
ディスプレイ
インチ 5.2インチ
解像度 1920 x 1080 (FHD)
種類 Super AMOLED
サイズ
縦 x 横 x 厚さ 147.7 x 70.8 x 7.3 mm
重量 163g
通信方式
4G
3G
2G
その他
カラーラインナップ
カラー ブラック / シルバー / ゴールド / ローズゴールド / レッド

 

発表会の様子

 

screenshot_600

今回も李楠氏が発表しました。

会場が小柄ですので、メディアなどの参加者とスクリーンの距離が異常に近かったです。

 

screenshot_601

「ブラッシュアップ」がテーマ。

何が必要化を見極める力が必要としています。

 

screenshot_602

デザインと工芸をブラッシュアップしたようです。

確かに、Meizuのデザインは美しい部類に入ると思います。

 

screenshot_603

Meizu PRO 6で採用した樹脂ラインがiPhone 7よりも先を行っていることをアピール。

パクリが先をいってしまう稀有な例です。

 

screenshot_604

iPhoneにも採用されている「S」ブランドを採用。

アップグレードモデルという位置づけになります。

 

screenshot_606

実機を発表。

背面に「S」の刻印があります。

 

screenshot_607

オクタコアプロセッサーのMediaTek Helio X25(MT6797T)を搭載。

4G / 3G + 3GのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)には非対応です。

Snapdragonではなくとも十分な仕様が出来るということで継続して採用しています。

 

screenshot_608

内部温度が3.5℃も減少できたことを発表。

Snapdragonは発熱がすごいとのこと。

 

screenshot_610

Antutuベンチマークとは違った指標の魯大師でトップであることをアピール。

アプリの開閉速度など、実用的な操作をベンチマークをします。

 

screenshot_611

スペック全体を発表。

10コアプロセッサー、RAM 4GB、内蔵ストレージ 64GBという構成。

RAM 64GBが最低モデルとなります。

 

screenshot_614

バッテリー容量が2560mAhから3060mAhに増加。

更に長く使用できます。

 

screenshot_615

Amperex Technology Limitedのバッテリーを採用。

高品質なバッテリーです。

参考

  • Amperex Technology Limited

 

screenshot_616

厚みが0.5mm微増。

誤差の範囲としています。

 

screenshot_619

カメラは1200万画素SONY製イメージセンサーのIMX386を搭載。

Meizu MX6と同じイメージセンサーです。

f値は2.0。

カメラ性能には絶対の自信を持っています。

 

screenshot_622

撮影スピードは約0秒。

0.x秒で撮影をすることが出来ます。

 

screenshot_623

4つのOISを搭載。

OISは光学式手ブレ補正で、数が多い程手ブレに強いとされています。

参考

 

screenshot_626

10個のリングフラッシュは健在。

6つのレンズを搭載しているので、より正確な撮影ができます。

 

screenshot_627

夜景を撮影するアルゴリズムをブラッシュアップ。

夜景に弱いスマートフォンが多い中でこの機能はアピールポイントとなります。

 

screenshot_628

screenshot_629

screenshot_630

サンプルフォトを公開。

一眼レフに近い撮影ができていると思います。

 

175056n7kjzxpgibjijxib-png-thumb-jpg

175051wwx5tt5e7m4p392t-png-thumb-jpg

LEICAのオフィシャルカメラマンの「李晓亮」氏によるサンプロフォトも公開。

普通のスマートフォンとは一味違った写真になっています。

 

screenshot_643

Meizu PRO 6sは2699元(日本円にして4,1000円)。

少し割高感はありますが、カメラ性能を伸ばしていることを加味すれば妥当、もしくは少し高いぐらいに収まると思います。

 

screenshot_644

11月3日の18:00より予約開始。

 

screenshot_645

11月7日に正式に販売開始。

 

 

CONNECT TO MEIZU

 

screenshot_634

 

 

screenshot_646

Meizu M3 Music Cardと同じ操作が出来る保護ケースを販売。

Meizu Loop Jacketとは別の製品となります。

音楽部門に長けいていたMeizuならではの保護ケースですね。

電話の発着信を受けることなど多少の操作が可能となっています。

 

screenshot_642

価格は149元(日本円にして2,200円)

今現在はMeizu PRO 6s専用のケースとなっています。

 

Source