MEIZU POP2s Review - New function "Flyme Connection"

MEIZU POP2s Review - New function "Flyme Connection"

Meizu POP

MEIZUにおけるTWS製品を担うブランドMEIZU POPの最新モデルとなるMEIZU POP2sを入手しましたのでレビューを行います。

 

本製品はECサイトのBanggood(バンググッド)から提供して頂いたサンプル機です。なお、金銭の授受およびレビュー内容への干渉は一切ありません。全てReaMEIZUの感想なので、その点は安心してご覧ください。

 

MEIZU POPの歴史として、初代となるMEIZU POPは2018年4月に行われたMeizu 15の発表会で同時に発表され、2019年に行われたMeizu 16sの発表会で後継製品としてMeizu POP2が発表されています。2020年にはMEIZU POP3が発表されるのではないかと予想されていましたが、実際に発表されたのはMEIZU POP2のマイナーチェンジモデルとなるMEIZU POP2sとなっています。つまり、MEIZU POP2sは3代目の製品ではなく、2代目のマイナーチェンジモデルとなります。

 

MEIZU POP2s MEIZU POP2
対応Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
音声アシスタント Aicy/Siri 非対応
再生周波数 20Hzから20KHz 20Hzから20KHz
音圧感度 101dB@1kHz 101dB@1kHz
マイク入力感度 -38dB@1kHz -38dB@1kHz
重量 片耳: 5.1g

充電BOX: 36g

片耳: 5.4g

充電BOX: 36g

バッテリー容量 片耳: 55mAh

充電BOX: 350mAh

片耳: 55mAh

充電BOX: 350mAh

充電BOXの端子 USB Type-C USB Type-C
連続使用時間 最長6時間(充電BOX含む: 24時間) 最長8時間(充電BOX含む: 24時間)
防水 IPX5 IPX5
Flyme Connection対応可否 対応 非対応
コーデック AAC, SBC AAC, SBC

MEIZU POP2sはMEIZU POP2から軽量化、音声アシスタント対応、Flyme Connection対応が主な変更点となっています。ただスペックダウンした点もあり、それは連続使用時間が8時間から6時間に減少した点です。確かにスペックダウンとなっていますが、イヤホンを6時間や8時間も装着し続けることは耳の負担が高く将来的なことを考えても良くないため、あまり問題はないように感じられます。

 

箱は少しだけ横に長い作りになっており、正式名称は中国語では魅族 POP2s 真無線耳机、英語ではMEIZU POP2s True Wireless Earphonesとなっています。

 

背面は中国語だけでなく英語で製品の説明を行っています。

 

内容物はMEIZU POP2s本体(イヤーピースM装着済み)、イヤーピース(S,L)、説明書。説明書は中国語と英語のみとなっています。

 

充電BOXはUSB Type-Cポートを利用して充電を行います。MEIZUはAndroid OSをベースとしたFlyme OSを搭載したスマートフォンを開発・販売を行っていますので、USB Type-Cポートでの充電が行えるというのは親和性が高いです。

 

MEIZU POP2sのイヤホンは片耳5.1gとなっており、総重量は10gと表示。従来製品となるMEIZU POP2は5.4gで総重量は11gとなっていますので、軽量化に成功しています。

 

MEIZU POP、MEIZU POP2、MEIZU POP2sの充電BOXを並べてみました。全て同じ形をしており、これは無駄な開発をしないという利点があり、最終的な販売価格が安くなるという嬉しいことが生まれるため、進化は見えにくいですが私達にとっては非常嬉しいことです。

 

新しい機能となるFlyme Connectionですが、これはApple製品におけるペアリングと似た(同じ)機能で、接続先がMEIZU製スマートフォンであった場合に箱を開けるとすぐに接続ができるというものです。接続先がMEIZU製品ではない場合は通常のTWS製品と同じくBluetooth設定からペアリングを設定する必要がありますが、自社製品との接続が容易になるというのはファンの私としては非常に嬉しいものです。

 

肝心の音質は低価格イヤホンではデフォルトとなっている低音を露骨に強調し音楽を奏でていると錯覚させるものではなく、低音の強調は多少ありますが嫌気を覚えるほどではないのでバランス良く奏でていると感じます。クラシックやゲーム音楽、J-POPを聞いても疲れること無く、中音域や高音も癖がないので万人受けする音質に仕上がっており、癖の強いイヤホンに飽きたという人にはこれ以上のない製品です。

 

MEIZU POP2sはBanggoodでは現在7,080円で販売されています。購入は以下のリンクから。