MWC 2017にMeizuが参加。例年通りであればUbuntu Touchを発表するが・・・?

スペインのバルセロナで開催される、「携帯電話関連」の最大の見本市のMWC 2017にMeizuが参加することが判明しました。

現地時間の2月27日から3月2日まで行われます。

 

ちなみにMWC 2016にも参加しました。

 

MWC 2017では何を発表するかはっきりされていませんが、MWC 2014ではMeizu MX3 Ubuntu Editionを展示、MWC 2015ではMeizu MX4 Ubuntu Editionを発表し後に販売、MWC 2016ではMeizu PRO 5 Ubuntu Editionを発表し後に販売という、毎年Ubuntu Touchを搭載したMeizu製スマートフォンを発表しています。

例年通りであるならば、Ubuntu Touchを搭載したMeizu製スマートフォンが発表されるはずで、コードネーム“midori”が発表されるのではないかと考えています。

 

 

気になるのはどのスマートフォンのUbuntu Editionなのかですが、可能性が高いのはMeizu MX6とMeizu PRO 6 Plusの2つです。

コードネーム“midori”が明らかになったのは6月末ですので、開発時期から考えると存在するMeizu MX6が濃厚かつ、Meizu PRO 5 Ubuntu Editionは下位モデルで発表され、Meizu MX6も下位モデルが存在する為、より濃厚になります。

Meizu MX6 Ubuntu Editionのサマリー画像がリークしたというニュースも有りました。

 

 

Meizu MX6のスペックは、Android 6.0 MarshmallowをベースとしたFlyme 5.2、画面解像度は1920 x 1080のFHDの5.5インチディスプレイ、SoCにMediaTek製のHelio X20(MT6797)のデカコアプロセッサー、GPUにMali-T880 MP2、前面カメラが500万画素、背面カメラが1200万画素(IMX 386)、RAM 3GB / 内蔵ストレージ 32GBとRAM 4GB / 内蔵ストレージ 32GBと64GBの2モデル展開、バッテリーの容量が3060mAhです。

 

Meizu PRO 6 Plusのスペックは、Android 6.0 MarshmallowをベースとしたFlyme 5.2、画面解像度は2560 x 1440のWQHDの5.7インチディスプレイ、SoCにSAMSUNG製のExynos 8890のオクタコアプロセッサー、GPUにMali-T880、リアカメラが1200万画素、フロントカメラが500万画素、RAM 4GB + 内蔵ストレージ 64GB / 128GB の2モデル展開、バッテリーの容量が3400mAhです。

 

 

Source

  • Meizu Technology Co.,Ltd – Mobile World Congress