Meizuが双11セールの結果報告で異例の謝罪、「ミドルレンジとエントリーモデルがなくて申し訳ない」

Meizuが双11セールの結果報告で異例の謝罪、「ミドルレンジとエントリーモデルがなくて申し訳ない」

Meizu News

Meizuは中国で最大のセールとなっている独身の日セール(双11)の結果報告を行いましたが競合他社と異なり謝罪を行っています。

 

通常独身のセールの結果報告は勝利宣言(勝利報告)となっており、天猫でスマートフォンを販売する企業で第X位になったとか、特定の機種がある価格帯で第X位になったとか、前年比XX%の販売実績をあげたというようにマイナスの意味は含まないのが通例です。しかしMeizuはそんな競合他社と異なって謝罪を行っています。

 

Meizuの独身のセールの結果報告では「国内携帯電話製品の業界ではおそらく最も高い客単価となる4126元になり、天猫や京東や蘇寧等のプラットフォームでは、同時期と比較してフラッグシップシリーズの販売台数を倍増させています。」とプラスの評価を行うという慣例には則っていますが、その後の文章では「何千万人ものお客様が来店している中で、ミドルレンジやエントリーモデルを購入するつもりでMeizuの公式ショップに来店したのに、(商品がないことによって)残念ながらお帰りになったお客様には申し訳ないと思っています。」と、異例の謝罪を行っています。

 

更にMeizuは「究極の体験と独創性のある製品はMeizuの初心であり、その信念を持って私達はスタートしています。私達はMeizuのフラッグシップ製品の究極の体験は、すれ違うことになってしまったあなたと私が、近い将来にハイタッチしあうことが出来ると信じています。」と詩的な文章を残し、実質的にミドルレンジやエントリーモデルの開発を今後はする予定がないことを表明しています。

 

また、最後の文章は「初心のために歩みを止めることはありません。頂点まで登ると興奮は少ないかもしれませんが、私達の熱気がなくなることはありません。」とMeizuらしさのあふれる詩的な表現となっています。

 

 

Source