Meizu M5(mini)とMEIZU BOXを発表。数々のリークがあったRAM 6GBモデルは存在せず

10月31日に開催される「天猫魅藍之夜演唱会」にて、Mシリーズ小型スマートフォンの「Meizu M5」を発表しました。

5.0インチから5.2インチへ変更、RAM 6GBのモデルが存在します。

今回もMediaTek製SoCを搭載しておりますので、思った以上に盛り上がりませんでした。

 

 

中国の認証機関である中国工業情報化部にて判明したRAM 6GB / 内蔵ストレージ 64GBのモデルは発表されませんでした。

後日発表・・・競合他社を威嚇するためなのか、詳細は不明です。

 

 

今回発表されたMeizu M5の詳しいスペックは以下となります。

概要
名称 Meizu M5
型番 M611
コードネーム
発売日 2016/11/11
本体価格 699元/899元
本体情報
Android OS Android 6.0 Marshmallow
Flyme OS Flyme Powered by YunOS (Flyme 5.2 / YunOS 5.1.1)
SoC MediaTek MT6750
動作周波数/コア数 ARM® Cortex®-A53™ 1.5GHz x4

+

ARM® Cortex®-A53™ 1.0GHz x4

GPU Mali-T860
RAM 2GB LPDDR3/3GB LPDDR3
内蔵ストレージ 16GB / 32GB
カメラ リア 1300万画素
フロント 500万画素
MicroSDスロット 有り(128GB)
SIMスロット Dual-SIM/nanoSIM x2
バッテリー容量 3070mAh
バッテリー取り外し
ディスプレイ
インチ 5.2インチ
解像度 1280 x 720 (HD)
種類
サイズ
縦 x 横 x 厚さ 147.28 x 72.8 x 8.15 mm
重量 138g
通信方式
4G
3G
2G
その他
カラーラインナップ
カラー ブラック/ホワイト/ゴールド/ミントグリーン/ブルー

 

発表会の様子

 

screenshot_563

Mシリーズ小型スマートフォンは5.0インチでしたが、Meizu M5から5.2インチへ変更されました。

ユーザビリティを考慮すると、5.0インチの時代ではなく5.2インチの時代だそうです。

解像度は1280 x 720のHD。

 

screenshot_567

 

発表会の途中でSNH48が歌い出すという不思議な発表会。

今までなかった事ですので、発表会に来た方はポカーン顔。

斗魚では「男?」や「口パクじゃないか!」、「早く発表してくれ!」となっており、このプログラムに好意的なコメントは有りませんでした。

2つ程度何かを発表するとアーティストが2曲歌うという珍しい構成。

 

screenshot_574

SoCは8コアプロセッサーのMT6750を搭載。

これには失望の声。

いつになればQualcomm製SoCのSnapdragonを搭載するのでしょうか。

 

screenshot_575

RAM容量は2GB / 3GBモデルのみ。

中国の認証機関で取得したRAM 6GBは謎に包まれました。

 

screenshot_576

内蔵ストレージは16GB / 32GB。

こちらも中国の認証機関で取得した64GBのモデルは謎のままです。

 

screenshot_572

指紋認証やmBackに対応したmTouch 2.1を搭載。

指紋認証機能を使用した支払が出来るようになっております

 

screenshot_577

Flyme Powered by YunOSを搭載。

公式の方法を用いてRoot権限の取得が出来ません。

 

screenshot_569

バッテリー容量は3070mAh。

Meizu M3が2870mAhですので、約10%の増加となっています。

 

screenshot_578

4G / 3G / 2G + 2Gの同時待ち受けが可能な全網通 2.0を採用。

日本で使える4G / 3G + 3Gの同時待ち受けではありません。

 

screenshot_579

リアカメラには1300万画素のカメラを搭載。

f値は2.2、0.2秒でフォーカスを合わせるようです。

 

screenshot_592

価格がRAM 2GB / 内蔵ストレージ 16GBが699元(約10,800円)、RAM 3GB / 内蔵ストレージ 32GBが899元(約14,000円)。

 

screenshot_593

10月31日18:00(中国時間)にて予約開始。

 

screenshot_594

11月7日に一部にて販売開始。

screenshot_595

11月11日にて正式販売開始となります。

 

 

MEIZU BOX

screenshot_588

CONNECT TO MEIZUではAndroid TVを搭載したセットトップボックスの「MEIZU BOX」を発表。

ブラックとホワイトの2色展開。

 

screenshot_582

CIBN(中国放送国際ネットワーク)に対応しており、現地の方向けの製品となっております。

 

screenshot_583

セットトップボックスの発表に続き、「MEIZU BOX」に搭載されるOS、Flyme TVを発表。

Flyme to TVは深センで行われた媒体向けの発表会にて告知されていたものです。

声を使った操作、スマートフォンの映像をCASTすることが可能です。

 

screenshot_589

価格は299元(約4,600円)と格安。

2色とも同じ値段です。

 

 

Source