魅藍Xのグローバルでの名称はMeizu M3Xで確定。微博に投稿された画像のExif情報に記載

11月30日に発表されるMシリーズXブランドのスマートフォン「魅藍X」のグローバルでの名称が微博にて判明しました。

M3シリーズのスマートフォンとなり、Meizu M3Xという名前になります。

 

m3x_camera

ReaMEIZUではグローバルでの名称をMeizu M3X、Meizu M5Xで悩んでいました。

既に、Meizu M5が発表・販売されていますので、Meizu M5Xとなると予想しておりました。

 

中国版の名称はMeizu M3EがMeizu M1 Eとして表されると同じように、Meizu M1 Xとなる見込みです。

購入する際には、プロダクトネームに注意して下さい。

 

 

背面はhonor8のような質感になると予想されており、Meizu製スマートフォンに高級感のあるモデルが久しぶりに登場します。

カメラ位置などを考慮すると、Uブランドとして販売されているMeizu U10 / U20と近い存在になるでしょう。

 

スローガンは「Make Great Helio Again」とドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領選挙でのスローガン「Make Great America Again」というものをもじっています。

発表会をする前からMediaTek製のSoCであるHelioシリーズを使うことを公開していますので、がっかりしている消費者が散見されております。

更に、「Again」という言葉を用いていることから”万年P10″という蔑称が付けられているMeizuですので、”もう一度”Helio P10を搭載するのではないかという予想があがっております。

 

 

Source