Meizu HiFi DAC Headphone Amplifier PROが販売終了、従来機は販売中

Meizu HiFi DAC Headphone Amplifier PROが販売終了、従来機は販売中

Meizu News

Meizu 16Tの発表会で同時に発表されたHi-Fi再生を可能にするUSB Type-Cポートから3.5mmヘッドホンジャックに変換するMeizu HiFi DAC Headphone Amplifier PROが販売終了になっていることが確認できました。

 

Meizu HiFi DAC Headphone Amplifier PROは2019年4月に発表されたMeizu HiFi DAC Headphone Amplifierの上位モデルとなり、主なスペックとしてオーディオチップにCirrus Logic CS43131、オペアンプとしてTexas Instruments製OPA1622を採用し、更に一般社団法人日本オーディオ協会(JAS)が認証しているハイレゾリューションオーディオ(High-Resolution Audio/Hi-Res Audio)の認証を取得しています。

 

USB Type-Cポートを利用するのでWindowsOS、Android、MacOSのクロスプラットフォームに対応していると謳っています。公式からの対応は謳われていないものの、iPad Pro製品にはUSB Type-Cが採用されているので、こちらでも対応していると考えています。昨今のスマートフォンはイヤホンジャックを無くし、有線視聴の場合はUSB Type-Cポートに変換アダプターを挿入し音楽を聞くことになりますが、今回のこのMeizuの製品はより良い変換アダプターを利用することで高品質な音楽視聴を体験させることが可能になっており、オーディオに興味にある人から人気を誇っていました。

 

しかし2020年10月18日よりMeizu HiFi DAC Headphone Amplifier PROの販売終了が確認され、それにともなってAliExpressなどのECサイトでも取り扱いが終了しており、入手が困難を極めています。一方で従来製品となるMeizu HiFi DAC Headphone Amplifierは販売が続いており、PRO程の音質は望めないかもしれませんが高品質な音楽視聴を体験することができるので、興味のある人は入手してみてはいかがでしょうか。

 

Source