Meizu PRO 7シリーズの“Fenêtre display 2.0”の変更点まとめ

9月29日にリリースされたFlyme 6.2.0.0A StableにてMeizu PRO 7-S/PRO 7-H/PRO 7 Plusの背面のディスプレイ“Fenêtre display”のバージョンが上がり、拡張性が増えました。

今回は“Fenêtre display 2.0”の変更点をまとめます。

 

①. 通知のソースが表示されるように

今までは時刻表示の下に鈴のアイコンが有るだけで、どのアプリの通知なのかわかりませんでしたが、今回のバージョンアップによって一部のアプリからの通知が分かりやすくなりました。

確認しているのはテーマアプリ、Flyme社区、微博、WeChat、QQで、主に中国人が使うアプリが対応しています。

ONにするには「Secondary display -> Notification management -> Show reminder source」となっています。

 

②. 壁紙を多数選択できるように

 

今までは壁紙を設定すると時刻表示がなくなりましたが、壁紙の設定枚数も増え、時刻表示も消えなくなりました。

画面が点灯した時に映るものは一番左になり、時刻表示ではなく何を設定してもいいので万歩計を表示しても良いようになりました。

 

③. プロフィールを背面に表示可能に

名前、電話番号、QRコードを表示できるようになっていますので、すぐに友達申請できるようになっています。

この壁紙もどこに表示してもいいので、すぐにプロフィールが割れてしまうという心配もありません。

 

④. 壁紙の共有が可能に

設定している壁紙の共有が簡単に行えるようになりました。

テーマアプリで提供されている壁紙は毎日更新されていますので、昨日取得し忘れた壁紙を友達に共有することが出来ます。

 

⑤. MP3の再生が簡単に

電源をオフにしながら音楽が聞ける機能があるMeizu PRO 7シリーズですが、背面に音楽の情報を映すのはこの方法しかありませんでした。

今回のアップデートによって音楽の壁紙が追加されましたので、背面の操作だけで音楽を再生することが出来るようになりました。

今出来る操作は、再生、1曲スキップだけです。

 

⑥. 背面だけのスクリーンショットが可能に

今までは出来なかった背面のみのスクリーンショットが可能になり、方法は、背面のディスプレイのみが点灯している状態でいつものようにスクリーンショットを撮るだけです。

これによって何万歩歩いた記念として、WeChatやQQで紅包をもらった時に撮影することが出来ます。

 

Source