MeizuがHi-Fi再生を可能にするUSB Type-C to 3.5mmイヤホンジャックアダプターの販売を予告

MeizuがHi-Fi再生を可能にするUSB Type-C to 3.5mmイヤホンジャックアダプターの販売を予告
スポンサーリンク

CEOの黄章(Jack Wong)氏が存在を明かしていたHi-Fi再生を可能にするUSB Type-C to 3.5mmイヤホンジャックアダプターがMeizuの公式オンラインストアの魅族商城(Meizu Mall)に陳列されていることが確認できました。

 

このアダプターにはオーディオチップとしてCirrus Logic CS43131が搭載されていると明らかにしており、このチップはデジタルオーディオプレーヤー(DAP)のPLENUE D2やPLENUE Vに採用されている大変優れたものです。

この他再生周波数帯域は20Hz-40KHz、PCM 384 kHz/32 bit対応、DSD64/DSD128対応となっています。カラーリングは黒のみ。

 

2017年から2018年にかけてスマートフォンからイヤホンジャックが非搭載になり、優先で音楽を聞く場合はUSB Type-Cポートから3.5mmイヤホンジャックへ変換するアダプターが主流になってきています。ただそのアダプターはただ変換をするアダプターということで音質を重視する人にとっては残念なスマートフォンの進化と言えます。ただ、今回のMeizuのアダプターはオーディオチップが搭載されているので、音質を気にする人にとってはこれ以上のない製品です。

更に単体販売を行うことが確定していますので、HuaweiやSamsung、XiaomiのUSB Type-Cポートを採用しているスマートフォンであれば簡単に使用できます。

 

気になる価格は今のところ不明で、希望としては100元(約1,700円)未満になってほしいと思っています。やはりスマートフォンの進化に合わせてBluetooth対応のイヤホンやヘッドホンをする人が増えており、ただのアダプターに高い金は払えないので価格は安く設定されている方が注目を集めるでしょう。

 

 

Source