ウズベキスタン市場向けMeizu M5sが値下げ

ウズベキスタン市場向けMeizu M5sが値下げ

Meizu M5s

ウズベキスタン市場向けに販売されているMediaTek MT6753を搭載したMeizu M5sを12月22日より値下げをすることをFacebookにて告知を行ないました。

 

ウズベキスタン市場向けには3GB+32GBモデルが投入されており、価格が929,000スム(約12,500円)に設定されていました。

本日12月22日より889,000スム(約12,000円)に値下げされて販売が行われます。

 

Meizu M5sは2017年2月に発表された製品で、出荷OSがAndroid 6.0 Marshmallowとなっています。12月22日現在、メジャーアップデートは一度も行われておらずAndroid Marshmallowのままですが、独自UIのFlyme OSはFlyme 5.2からFlyme 6.3にアップデートされています。しかし、セキュリティを考えるとAndroid Marshmallowの端末を今購入して使うというのは得策とは言えず、残念ながら購入する意味は全く無い製品です。在庫をさばきたいと考えているのでしょうが、自らのマーケティングの失敗によって旧モデル端末の購入の意味がなくなるのは非常に残念ですね。

 

 

Source