ペルー市場でMeizu M6Tを販売。10月19日から予約開始

南米のペルー市場にMediaTek MT6750を搭載したMeizu M6Tを販売することをFacebookの公式アカウント(@MeizuMobilePeru)が伝えました。

 

販売は移動体通信事業者のBitelを介して行われます。投入モデル、価格、販売開始日は公開されていませんが、予約開始日は10月19日と伝えています。

BitelではQualcomm Snapdragon 625を搭載したMeizu M6 Noteが759ソル(約25,500円)、MT6750を搭載したMeizu M6が449ソル(約15,000円)、MT6737を搭載したMeizu M5cが349ソル(約12,000円)で販売されています。Meizu M6Tは複数の市場でMeizu M6以上Meizu M6 Note未満の価格で販売されているので、449ソル以上759ソル未満になるでしょう。

 

Bitelでは複数のモデルが有る機種でも1モデルしか販売しないので、2GB+16GBモデルか3GB+32GBのどちらかを販売すると思います。

Meizu M6Tの主なスペックは、型番はM811H、Android 7.0 NougatをベースとしたFlyme 6を搭載し、5.7インチのHD+(1440×720)のIPS液晶ディスプレイ、SoCはMediaTek MT6750、CPUはARM Cortex-A53(1.5GHz)x4 + A53(1.0GHz)x4のオクタコア構成、GPUはARM Mali-T860 MP2、RAM容量は2GB/3GBの2種類、内蔵ストレージは16GB/32GBの2種類、外部ストレージに対応(128GB)、リアカメラは1300万画素+200万画素のデュアルカメラ、フロントカメラは800万画素のシングルカメラ、バッテリー容量は3300mAhとなっています。

 

Source(1) | Source(2)