MEIZU 18とMEIZU 18 Proは2K+と120Hz、90Hzの両立は不可、現状120HzはFHD+のみ利用可能

MEIZU 18とMEIZU 18 Proは2K+と120Hz、90Hzの両立は不可、現状120HzはFHD+のみ利用可能

Meizu 18/18 Pro

2021年3月3日に双旗艦製品として発表されたMEIZU 18MEIZU 18 Proは、2K+(3400x1440)の解像度を持つディスプレイを採用し、最大120Hzのリフレッシュレートに対応していると謳われていますが、共に最高設定の2K+と120Hzは両立しないことが明らかになりました。

 

2K+解像度を利用する場合は120Hzと90Hzに非対応で60Hzに、FHD+(2400x1080)解像度では120Hzと90Hzが利用出来るようになっているため、OnePlus 8 ProやGalaxy S21 Ultraの様な高解像度環境での高リフレッシュレートの利用は出来ません。

 

2K解像度において120Hzが利用できないのは現状不明で、バッテリーの持ちを考慮した場合でもユーザーが好きに選べるようになっていてほしいとは思います。ただ、気になる情報としてMEIZU 18とMEIZU 18 ProはGalaxy S20とGalaxy S20+とほぼ同じパネルを使用しており、この両製品は2021年3月現在2K解像度と120Hzが両立されていないため、何かしらのジレンマがあるのかもしれません。

 

Source