Meizu 16Xは2000元(約32,500円)程度になると公式が発表

9月19日に発表予定のMeizu 16Xの価格について新たな情報を公式がウェイボーにて公開しました。

Meizu 16XはQualcomm Snapdragon 845を搭載したMeizu 16thとMeizu 16th Plusの廉価モデルとして開発されています。

 

2015年10月21日にはMeizu m1 metalを発表し、そのスマートフォンは指紋認証機能を持ちながら1000元(約16,000円)程度になったとアピールしています。そして、Meizu 16Xは2000元(約32,500円)程度になると予告しています。ただの2000元程度のスマートフォンではなく画面内指紋認証(In-Display Fingerprint)機能を搭載しながら2000元程度になるとアピールしています。

どちらも指紋認証機能をアピールしています。

 

Meizu m1 metalは最低モデルとなる2GB+16GBモデルが1099元(約18,000円)で発表されていますので1000元“程度”は“超える”という意味を含んでいるでしょう。この通りに捉えるのであれはMeizu 16Xの2000元程度は2000元以上を表しているかもしれません。Meizu 16Xの最低モデルは6GB+64GBになる予定です。

更にSnapdragon 636を搭載したMeizu E3の価格は6GB+64GBモデルが1799元(約29,500円)で6GB+128GBモデルが1999元(約32,500円)という価格設定なので、Snapdragon 710を搭載することが判明しているMeizu 16Xはやはり2000元以上になると考えています。もし、2000元を下回る価格設定になればMeizu E3の価格を下げないとおかしな製品展開となっていまいます。

 

TENAA(中華人民共和国工業情報化部)によって公開されたMeizu 16Xの主なスペックは、Android 8.1.0 Oreo、6.0インチFHD+(2160×1080)AMOLEDディスプレイ、CPUは2.2GHzのオクタコア構成、リアカメラが1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ、フロントカメラが2000万画素、容量は6GB+64GB/6GB+128GBの2モデル展開、外部SDカードに非対応、バッテリー容量は3000mAh、カラー展開は磨砂黒(ブラック)と陶瓷白(セラミックホワイト)、磨砂金(ゴールド)の3色です。

 

 

Source