Meizu 16Tの初期搭載Flyme OSはFlyme 7.3、Flyme 8は購入直後に利用可能

Meizu 16Tの初期搭載Flyme OSはFlyme 7.3、Flyme 8は購入直後に利用可能
スポンサーリンク

10月23日に開催された新製品発表会にて発表されたQualcomm Snapdragon 855を搭載したMeizu 16Tは、8月28日に発表された新カスタムスキンのFlyme 8ではなく、Flyme 7.3(Flyme 7.3.2.0A)が搭載されていることが判明しました。

 

カスタムスキンが発表された後のスマートフォンということでMeizu 16TにはFlyme 8の初期搭載が期待されましたがFlyme 7.3が搭載されています。これにより10月25日現在、Flyme 8を初期搭載したスマートフォンは存在せず、多くのメディアがMeizu 16s ProがFlyme 8を初期搭載と記載していますがこれは誤りです。

 

初期搭載されていませんが全く利用できないのではなく、発表会直後からクローズドベータテストのメンバーを募集していますので、購入時に申請すればすぐにFlyme 8の最新バージョンがOTAとしてファームウェアが利用できるようになります。安定版は12月にリリースされる予定です。

 

 

Source