Meizu 16s Proが中国において最も優れたデザインの賞を受賞、対称美学を追求

Meizu 16s Proが中国において最も優れたデザインの賞を受賞、対称美学を追求
スポンサーリンク

中国の広東省河源市で開催されたChina Mobile Competition(CMC/中国手机設計大賽)が主催する2019年5G終端創新峰会-曁第七届中国手机設計大賽天鵝奨頒奨礼-にてMeizuがフラッグシップ製品として発表したMeizu 16s Proが2019年度において最も優れたデザインであることを表す年度最佳美学設計手机奨を受賞しました。

 

年度最佳美学設計手机奨は年度最佳手机設計奨のひとつで、この他は年度最佳5G手机奨(最も優れた5Gスマートフォン賞)がXiaomi Mi 9 Pro 5GとZTE Axon 10 Pro 5G、年度最佳拍照手机奨(最も優れたカメラ機能のスマートフォン賞)はHuawei P30 ProとHonor 20 Pro、年度最佳美学設計手机奨(最も優れた美しいデザインのスマートフォン賞)はMeizu 16s Proとnubia Z20、年度最佳科技創新手机奨(最も優れた技術革新のスマートフォン賞)はnubia Red Magic 3SとHisense A5、年度最佳AI手机奨(最も優れたAI機能のスマートフォン賞)はSugar S30とK-Touch Xiaohuangfeng P1となっています。

 

Meizu 16s ProはMeizuが追求する最も優れたデザインの対称美学に基づいたスマートフォンで、ポップアップカメラやノッチ、パンチホールなどを採用せずに極限までベゼルを削ることで真の美しいデザインを求めています。このデザインでは今となっては珍しい“白ベゼル”でも違和感なく採用することが出来ますので、このカラーのスマートフォンを販売しているのは現在ではMeizuのみと言ってもいいレベルになっています。

 

Meizu 16s ProのスペックはAndroid 9 PieをベースとしたFlyme OS(Flyme 7.3)、6.2インチSuper AMOLEDディスプレイ(2232×1080/FHD+)、Qualcomm Snapdragon 855 Plus、リアカメラは4800万画素(Sony IMX586/f値1.7)+2000万画素(IMX350/f値2.6)+1600万画素(IMX481/f値2.2)のトリプルカメラ(OIS)、フロントカメラは2000万画素(Samsung 3T2/f値2.2)のシングルカメラ、容量は6GB+128GB/8GB+128GB/8GB+256GBの3モデル、バッテリー容量は3600mAhです。

 

 

Source(1) | (2)