Meizu 16sにはUSB Type-C to 3.5mmイヤホンジャックアダプターは付属せず、有線での視聴を行う場合別途購入が必要

昨日発表されたMeizu 16sは過去の製品とは大きく異なってイヤホンジャックが廃止され、USB Type-Cポートから変換アダプターを利用して有線イヤホンでの視聴を行うスタイルに変更されました。昨今のスマートフォン市場ではこの流れが強く、XiaomiやHuaweiの多くの製品はイヤホンジャックが無いことで有名です。

イヤホンジャックを有していないスマートフォンでは有線イヤホンでの視聴を可能にするアダプターが付属されていることが当たり前ですが、Meizu 16sには付属されていないことがわかりました。

 

科技美学によって投稿された開箱動画によるとMeizu 16sの付属品は、説明書兼保証書、VIPカード、USB Type-Cケーブル、電源アダプターとなっており、変換アダプターが付属していないことがわかります。もし、普段有線で音楽を聞いている場合は別途自分で購入する必要があり、少々不親切ではないかと考えています。

これはMeizuがHi-Fi再生を可能にするMeizu Hi-Fi DAC Headphone Adapterを発表しており、それを購入して欲しいという思いから付属していないのでしょう。

 

とは言えMeizu 16sは知っていてもMeizu製変換アダプターの存在を知らない人も多くいるので、特に海外市場での販売を考えている場合はしっかりと告知をしないと問題が発生しそうです。これは私の持論ですが、スマートフォンの付属品はその製品のパフォーマンスを余すこと無く発揮できるようにするべきです。今回の場合であればオーディオチップが搭載されていない通常の変換アダプターを付属させるべきだと思います。

もし、Meizu 16sの購入を考えている人がいるのであればMeizu製変換アダプターを同時に購入するか、Amazonなどで別の製品を先に購入する必要があります。Bluetoothで音楽を聞くのが主流である場合は心配いらないです。

 

ちなみに、USB Type-Cに関して確かな知識を持つはんぺん氏によるHANPEN-BLOG(USB-C – イヤホンジャックの変換アダプタは2種類あるので要注意)によるとApple製のUSB-C – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ(1,080円)が実用性や入手方法を考慮すると一番オススメのようです。

 

Source | 参考