MediaTek Helio G35、Helio G25のベンチマークスコアが判明

MediaTek Helio G35、Helio G25のベンチマークスコアが判明

Antutu Benchmark

MediaTekがローエンド向けに発表したSoCのHelio G35(MT6765G)Helio G25(MT6762G)のベンチマークスコアが明らかになりました。Helio G35とHelio G25はHelio G Seriesに属し、ゲーミングSoCとしてリリースされており、ゲーム使用時にSoCの動きが最適化されるようになっています。

今回、この明らかになったHelio G35とHelio G25のベンチマークスコアをそれぞれのベースモデルとなっているHelio P35とHelo G25、競合他社製品のQualcomm Snapdragon 439と簡単に比較をしたいと思います。Snapdragon 439の代表的な搭載機種は楽天モバイルから販売されているeSIM限定機のRakuten Miniが該当します。

 

Helio G35とHelio G25のかんたんなスペック表は上の図となります。Helio G35とHelio G25ともにCPUは4xARM Cortex-A53+4xARM Cortex-A53のオクタコア構成、GPUはIMG PowerVR GE8320を搭載し、周波数はHelio G35の方が高くなっているのでわかりやすい命名方式となっています。SoCに詳しい人にとってはHelio G35のベースモデルはHelio P35とわかりやすいですがHelio G25の場合はHelio P22と少し異なっているので、このあたりは正しく認識したほうが良いでしょう。

Helio G35とHelio P35、Helio G25とHelio P22は同じカタログスペックを持っていますが、Helio G Seriesの特徴としてMediaTek HyperEngine Game Technologyと呼ばれるゲーム利用時にCPUやGPUの動きを最適化してより快適なゲーム体験を与えることが可能になっており、実際の使用感においてはHelio G35とHelio G25が勝ると考えています。

 

Helio G35のAnTuTu Benchmark v8スコアはCPU性能が45,649点、GPU性能が13,321点、MEM性能が26,182点、UX性能が20,571点で総合性能が105,723点、Helio G25のスコアはCPU性能が36,384点、GPU性能が12,328点、MEM性能が24,374点、UX性能が15,441点で総合性能は88,527点という結果になりました。Helio G35とHelio G25ともにベースモデルのHelio P35とHelio P22に負けている現象が発生していますが大きく差が出ているところがMEM性能となっており、このMEM性能はRAM容量と内蔵ストレージの容量で可変するスコアで、Helio G35を搭載したrealme C11は2GB+32GB、Helio G25を搭載したRedmi 9Aは2GB+32GBとなっています。一方でベースモデルのHelio P35は4GB+128GB、Helio P22は4GB+64GBとなっているのでMEM性能に大きな差が出るのは当然となりますので、CPU性能とGPU性能に注目するとHelio G35とHelio G25はHelio G35とHelio P35と同じ性能が発揮されていることがわかります。そのため、Helio G35とHelio G25は正しい性能を発揮しています。(ちなみに、ベンチマークソフトとしてのAnTuTu Benchmark v8の信用度が下がっている理由としてMEM性能が容量によって可変する所が挙げられています。)

 

ローエンドでゲーム体験を追求する意味がわからないという声もありますが、MediaTekの製品展開として今拡充しているのが5G通信に対応したDimensity Series、ゲーム体験を焦点に当てたHelio G Series、より低価格なHelio A Seriesで、最近はHelio P Seriesの開発が止まっている現状にあります。おそらく今後はHelio P Seriesが担っていた位置をHelio G Seriesが座ると考えており、そう考えるとローエンド向けのHelio G Seriesが存在しても何も不思議ではないように感じます。更にHelio P Seriesは製品の数が多い故にわかりにくいことが問題となっており、Helio G Seriesで正しい製品展開を行うことで顧客や消費者にわかりやすいようにしている可能性もあります。

 

今現在日本市場にはHelio G Seriesを搭載した機種はHelio G90Tを搭載したUMIDIGI S5 Proのみで、そのUMIDIGI S5 Proも日本AmazonやAliExpressといったオンラインの販売のみでオフラインの販売はなく、日本市場にHelio G Seriesが浸透していないと考えてもいいかもしれません。Helio G25はXiaomiのサブブランド製品RedmiのRedmi 9Aが搭載したということで日本市場への販売が期待されるところですが、Xiaomi製品とRedmi製品ともにSnapdragon 730GやSnapdragon 720Gといったミドルハイに位置する製品が販売されているので、販売はないだろうと今は考えています。