未発表型番M926QがTENAAの認証を通過、トリプルカメラを採用

開発が明らかになっている未発表型番M926QがTENAA(電信設備進網管理)の認証を通過しました。5月15日付けで認証を通過し、証明番号は02-8292-191421です。

今回通過したM926Qはスマートフォンの外観に関する情報のみが公開されており、内部に関するスペックは今のところ不明です。通常であれば翌日に公開されます。

 

M926Qの画像を見るとトリプルカメラを採用し、リング状のLEDフラッシュではなく2色が上下に配置されているLEDフラッシュが採用されていることがわかります。Meizuは今の所デュアルカメラが最多となっているので、M926QがMeizuにおけるトリプルカメラ初採用機になるでしょう。

 

M926Qは中国市場ではMeizu 16Xs(魅族 16Xs)の名前で発表されると予想されており、4月に発表されたMeizu 16sの廉価モデルになります。Meizu 16sはOISを搭載することを優先しデュアルカメラになったので、Meizu 16XsはOISの無いトリプルカメラになると考えています。この他Meizu 16sはQualcomm Snapdragon 855を搭載していますが、Meizu 16XsはSnapdragon 712の搭載が有力視されていたり、Meizu 16sには無い3.5mmイヤホンジャックがMeizu 16Xsには搭載されたりと細かな点で異なってきます。

 

Meizu 16Xsの発表は5月中が有力視されています。

 

Source