Snapdragon 710を搭載したMeizu 16となるM872Qが3Cの認証を通過

MEIZUの未発表型番の「M872Q」が2018年7月31日付けで3C(中国強制認証)の認証を通過しました。

 

「M872Q」はXiaomi Mi 8 SEの対抗モデルとして開発が噂されているMeizu X8という予想もありますが、EEC(欧州経済共同体)の認証によるとMeizu 16のようです。Meizu 16にはQualcomm Snapdragon 845を搭載したモデルとSnapdragon 710を搭載したモデルがありますが、「M882Q」という型番がSnapdragon 845を搭載したモデルなので、今回認証を通過した「M872Q」はSnapdragon 710を搭載したMeizu 16となります。

 

ACアダプターはUP0830Sで5V/3A、8V/3A、12V/2Aの最大24Wでの充電が可能な製品です。この型番はMeizu PRO 7-S(MediaTek Helio P25)やMeizu PRO 6 Plus(Exynos 8890)に同梱されたものです。

Snapdragon 845を搭載することが判明しているMeizu 16th/Meizu 16th PlusにはUP1220Sが付属し、異なった製品であることもここから明らかです。

 

「M872Q」がMeizu 16であるならば、8月8日に行われるMeizu 16シリーズの製品発表会にはMeizu X8は発表されない可能性があります。

そうなった場合、がっかりされること間違いなしですが大丈夫でしょうか。

 

Source