MeizuはM792C-Lを開発中。M792Cのアップグレード版か

未発表型番の“M792C-L”がMIIT(中華人民共和国工業和信息化部)の認証を通過しました。

この型番がMeizu PRO 7の上位版と見られています。

 

既にベースモデルのM792Cが認証を通過しており、M792C-Lはアップグレード版とみられます。

同じ型番規則のM792Q/M792Q-Lは全網通公開版、今回のは中国電信向けの全網通電信版となります。

 

対応通信はGSM/TD-SCDMA/WCDMA/cdma2000/TD-LTE/FDD-LTE/WLAN(WAPI)/Bluetoothです。

ベースモデルと見られる“M792C”がMediaTek Helio X30(MT6799)を搭載予定ですので、こちらも同じプロセッサーを搭載すると思います。

SAMSUNGが開発中と見られているCDMA 2000の通信に対応したExynos 7872は出荷時期が2017年10月頃と予想されていますが、M792Q/M792Cが2017年6月~8月に発表されると見られているので、搭載する可能性は低いです。

更に、Qualcomm製プラットフォームも2017年末に搭載機種の発表を示唆しているので、こちらも搭載する可能性が低いです。

 

2017年6月13日現在、未発表型番はMIITで認証を通過しているのはM792Q/M792C-L、M792C、M793Qの4つで、今回のM792C-Lを追加すると5つのモデルが存在しています。

型番から考えるとM792Q、M792C、M792Q-L、M792C-Lは同一端末、そしてM793Qは別端末のはずなので2機種の投入が確定していることになります。

 

Source