魅藍 E2(Meizu M5E2?)と思われる「M741」が中国無線電管理の認証を通過

スマートフォンなどの機器が中国国内で発する電波を申請する機関、中国無線電管理にてMeizuが4月26日に発表する予定の魅藍 E2の型番と予想している「MY71A/Y」が認証を通過しました。

これにより、どのバンドに対応しているのかがわかります。

 

認証を通過のはM741AとM741Yの2モデルで、申請時期は前者が2017年2月27日、後者が2017年3月7日となっています。

対応しているバンドは、以下のようになっています。

  • FDD-LTE : Band 1(2100)/3(1800)/7(2600)
  • TD-LTE : Band 38/39/40/41
  • W-CDMA : 850/900/1900/2100
  • CDMA2000 : 800
  • GSM : 850/900/1800/1900

いつもと変更はなく、特別新たに対応バンドが増えているということはありません。

 

この魅藍 E2は副総裁の李楠 氏が「全く新しいデザインになる」と予告しているスマートフォンで、テーマ通りに何かを排除し今までのMeizuとは違ったデザインになる方針であるようです。

 

魅藍 E2の発表会は4月26日、中国国内の北京演芸センターで行われます。

テーマは「あなたはどれを削除しますか?」となっており、削除する方針として前面上部のセンサー + 受話口 + カメラ、前面下部のホームボタン「mTouch」、背面のカメラ + フラッシュの内、どれかを削除する方針のようです。

 

 

Source