M721Q/M721M、M792Q/M792C、M792Q-L/M792M-L/M792C-L、M793Qが中国無線電管理の認証を通過

スマートフォンなどの機器が中国国内で発する電波を申請する機関、中国無線電管理にてM721Q/M721M、M792Q/M792C、M792Q-L/M792M-L/M792C-L、M793Qの系8機種の認証が通過されました。

 

M721Q/M721Mは、MediaTek Helio P10(MT6755M)を搭載したMeizu M5 Noteの型番が“M621”に近いことからMeizu M6 Noteの可能性が高く、型番末尾“M”の中国移動向けの“M721M”が既にMIIT(中華人民共和国工業和信息化部)の認証を通過しています。

末尾“Q”の全網通公開版の存在が明らかになり、直に末尾“C”の中国電信版の認証が通過するでしょう。

ReaMEIZU
https://reameizu.com/m792m-authentication-of-miit/
 ReaMEIZU 

 

M792Q/M792CはMeizu PRO 7と予想され、MediaTek Helio X30(MT6799)を搭載することが有力視されています。

この端末は背面に小型ディスプレイを搭載している所が一番の注目ポイントで、国内外から注目が集まっています。

型番末尾“Q”が全網通公開版、“C”が中国電信版です。

 

M792Q-L/M792M-L/M792C-LはHelio X30を搭載したMeizu PRO 7の上位版となるMeizu PRO 7 Plusと予想され、プロセッサーはSAMSUNG Exynos 9 Series(8895)を搭載することが有力視されています。

5.7インチWQHD、RAM 4GB/6GB、内蔵ストレージ 64GB/128GBの2モデル展開の可能性が高いです。

型番末尾“Q”が全網通公開版、“M”が中国移動版、“C”が中国電信版です。

 

M793Qは今のところ何も情報が出ていないスマートフォンで、今までの型番法則とは異なりますが、Meizu MX7の可能性があります。

Meizu MX7には開発中が噂されているCDMA 2000に対応したSAMSUNG Exynos 7872を搭載すると考えています。

 

Source