M712Q-Bが3Cの認証を通過。魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)の別バージョンの可能性

M712Q-Bが3Cの認証を通過。魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)の別バージョンの可能性

未発表型番「M712Q-B」が3C(中国強制認証)及びCQC(中国質量認証中心)の認証を通過しました。

 

「M712Q」であれば魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)の型番となっていますが、“-B”が付いたものは未発表です。

過去にはMeizu PRO 6のマイナーチェンジモデルとしてMeizu PRO 6sの型番が「M570Q-S」、Meizu PRO 7の下位モデルとなるMeizu PRO 7-Sが「M792Q-L」という型番を持っていましたので、今回の「M712Q-B」は魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)のマイナーチェンジモデルの可能性が高いです。

ただ、販売はされなかったもののMeizu M5 Noteのマイナーチェンジモデルとなるかもしれなかった「M621C-S」が認証を通過したこともあるので、今回通過した「M712Q-B」も販売されるかどうかはわかりません。

 

魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)のスペックは、Android 7.0 NougatをベースとしたFlyme 6.2、5.7インチHD+(1440 x 720)ディスプレイ、SoCはSAMSUNG Exynos 7872、GPUはARM Mali-G71 MP1、リアカメラが1600万画素、フロントカメラが800万画素、RAM 3GB(LPDDR3) + 内蔵ストレージ 32GB / 64GBの2モデル展開、バッテリーの容量が3000mAhです。

発表会の様子はこちらをご覧ください。

 

Source