Meizu M6 miniと思われる「M711Q」が3Cの認証を通過

Meizu M6 Noteの廉価モデルとなるMeizu M6 miniと思われる「M711Q」が3C(中国質量認証中心)の認証を通過しました。

認証通過日は8月25日。

 

既に中国移動定制版のM711M、中国電信版のM711Cは認証を取得しており、全網通公開版のみが遅れて認証を取得しています。

 

型番末尾の“Q”は中国移動・中国聯通・中国電信のネットワークに対応していることと、通常のFlyme OSを搭載していることを表しています。

つまり、Meizu M6 miniはFlyme Powered by YunOSではないので、Root権限の取得が可能になります。

 

Meizu M6 NoteがSnapdragon 625を搭載したことによって、どのSoCを搭載するのか予想がし辛くなっています。

エントリーレベルのスマートフォンになりますので、搭載されるSoCはSnapdragon 425/435、もしくはMediaTek MT6750Tが有力でしょうか。

 

MIIT(中華人民共和国工業和信息化部)では全網通公開版と中国移動定制版、中国電信版のMeizu M6 miniが認証を取得しています。

 

Source