Meizu m3 noteのスペックがAntutu Benchmark公式により判明。SoCにHelio P10を搭載

4月6日に発表されると予想されているMeilanシリーズスマートフォン、Meizu m3 noteのスペックがAntutu Benchmark公式により判明しました。

しかも何と、2モデル展開!また機種が増える・・・。

 

AntutuによるとMeizu m3 noteはAndroid OS 5.1 LollipopをカスタマイズしたFlyme OS 5、1920 x 1080のフルHDディスプレイ、SoCにHelio P10(MT6755M)のオクタコアプロセッサ、GPUにMali-T860、メインカメラ1300万画素の前面カメラ500万画素、RAM 2GB / ROM 16GBとRAM 3GB / ROM32GBの2モデル展開になるようです。

Meilanシリーズでは初のRAM 3GBのモデルになりますね。こうなるとMXシリーズはRAM 4GBにしないと差別化が図れないですね。

そして、Meilanシリーズ初の2モデル展開。Meizu Pro 5も2モデル展開をしていて、こちらは成功を収めているようなのでMeilanシリーズでも成功するということで2モデル展開にしているのでしょうか。

ファームウェアはMeizu Pro 5の2モデル共通ですので、Meizu m3 noteでもファームウェアを2つ開発しないといけないという事にはならなさそうです。

 

Source