Meizu M6 miniがGeekbenchに登場。MediaTek MT6750を搭載

Meizu M6 miniがGeekbenchに登場。MediaTek MT6750を搭載
2017年9月14日
スポンサーリンク

9月20日に発表される魅藍(M)ブランドスマートフォンのMeizu M6 miniがGeekbenchに登場しました。

 

シングルスコアが599点、マルチコアが2,470点となっています。

GeekbenchからわかるMeizu M6 miniのスペックはAndroid 7.0 NougatをベースとしたFlyme 6.1、8コアプロセッサーのMediaTek MT6750、RAM 3GBとなっています。

先日リークした実機からわかるスペックと合わせると、5.2インチHDディスプレイ、Android 7.0 NougatをベースとしたFlyme 6.1、SoCはMediaTek MT6750、RAM 3GB、内蔵ストレージ 32GBとなります。

2016年に発表されたMeizu M3 mini、Meizu M5 miniと同じSoCを搭載しており、2017年度のエントリーモデルと呼べるか疑問が生まれるスペックとなっています。

 

Meizu M6 miniはM711Q/M/Cという型番が認証を通過しており、Root権限の取得できないFlyme Powered by YunOSではなく、通常のFlyme OSを搭載することが確定しています。

 

Source