Qualcomm、Snapdragon 835(MSM8998)を中国で正式発表。気になるベンチマークスコアは?

Qualcommは2017年3月22日に中国にてフラッグシップ向けプラットフォーム「Qualcomm Snapdragon 835 Mobile Platform(MSM8998)」を正式発表しました。Qualcomm Snapdragon 821の後継機として発表されています。

QualcommはSnapdragonブランドをプロセッサーからプラットフォームへ改名していますので、ReaMEIZUではプラットフォームの表記を採用しています。

 

発表会には来場者向けにSnapdragon 835を搭載したプロトタイプスマートフォンを貸し出し、AnTuTuベンチマークやGeekbench、GFXBenchなどの計測を許したそうです。ですので、微博には貸した出されたユーザーによって各種ベンチ魔マークの結果が公開されました。

貸出をしたリファレンス機(プロトタイプスマートフォン)のスペックは、Android 7.1.1 Nougat、5.5インチのWQHD(2560 x 1440)ディスプレイ、RAM 6GB + 内蔵ストレージ 16GBとなっています。

 

AnTuTuベンチマークスコアは181,228点で何回か計測さあれたものの平均を計算すると183,000点程度です。Snapdragon 821を搭載したOnePlus 3Tの平均スコアが163,044点なので約2万点の性能向上に成功しています。

GPU性能は約7万点ということで更に快適にゲームを行うことが出来るでしょう。

 

Geekbenchはシングルコアがは2,048点、マルチコアが6,478点です。このスコアは2月にリークしたスコアと似ているので、平均点になると思います。

 

3DMarkではSling Shot using ES 3.1が3,486点でApple A10 Fusionが2,700点程度ですので、GPU性能ではSnapdragon 835に軍配が上がります。

ゲームに関してもメーカーがチューニングをきちんとしていれば一切問題はないでしょう。

 

Source