Flyme 6.0を発表。主な変更点を徹底的に解説!

11月30日に行われた新製品発表会にてMeizu M3XとMeizu H1 Smart Bandと同時に次期Flyme「Flyme 6.0」が発表されました。

Flyme 5.0は2015年9月23日に発表されたので、約1年ぶりの更新となります。

 

Meizu M3X、Meizu PRO 6 Plusの発表は以下の記事をご覧ください。

 

 

スローガンは「Meke 6 Great Again」で、ドナルド・トランプ氏が大統領選挙の時に掲げたスローガン「Make America Great Again」をもじったものとなっております。

同時に発表された魅藍X(Meizu M3X)のスローガンは「Make Helio Great Again」となっています。

魅藍X(Meizu M3X)の発表会については以下の記事をご覧ください。

 

screenshot_695

Flymeのデザイナーである、楊顔氏が登壇しFlyme 6.0について発表をはじめました。

前年のFlyme 5.0を発表するときもこの方でした。

風船のデザインが変更されております。

丸に限りなく近づいております。

 

screenshot_696

2016年9月23日にはFlyme 5.0の1周年です。

 

screenshot_699

新機能が300個、性能の修正が1000個となっております。

Flyme 5は22個のスマートフォン、176億のダウンロード数になっております、

22個に増えたことによってリリース周期を変更しております。

Meizu公式ストアのアプリの数が3400倍に増えたのこと。

ダウンロード数は170億になっております。

 

 

Flymeアカウントが5000万を超えたことを発表。

2015年は2000万人になったことをアピールしておりました。

 

 

 

 

144155r1i8xx12fcrqoxcq

デザインは全てが新しくなるとのこと。

とにかく細部にまでこだわっているようです。

見やすさを追求。

重要な項目を重要な項目として表示するために工夫をしております。

 

screenshot_712

Action Viewという技術を用いて、スクロールした際のアニメーションが動いております。

 

 

Flyme 5と比較して400個の新機能が追加。

 

screenshot_736

セキュリティ面にも力を入れております。

情報の流出は問題となっています。

 

screenshot_717

2Dに奥行きを持たせる作りになっております。

フラットデザインのようで少し異なっております。

 

screenshot_724

指紋毎に違うホーム画面が表示されます。

この機能はEMUI 5.0にも搭載されております。

 

screenshot_726

キッズモードを搭載。

アプリを制限したり、電池が少なくなれば自動的に切れるようにしております。

 

screenshot_728

偽のアクセスポイントから守る作りになっているようです。

情報を盗み取ろうとするアクセスポイントには接続しないようになっております。

 

 

スマートフォンが盗まれた時に活躍するアプリは使いやすさをアピール。

Meizuの機能によって逮捕された人がいるとのこと。

 

screenshot_736

この機能はありとあらゆる権限をオフにすることが出来ます。

ネットワークに接続できないようにすることも可能で、スマートフォンがレンガになります。

 

 

自撮り機能も強化。

Meizuはカメラにこだわっておりますので、内部もこだわる必要があります。

 

screenshot_747

Flymeアカウントにアバターを設定できるようになりました。

これにより、Flymeアカウントを使用してメッセージを送ることが出来ます。

Flymeアカウントがより便利に、より価値的になります。

 

screenshot_749

iPhoneがより簡単に、よりスマートであることを理解しており、それに追いつこうとしております。

 

screenshot_750

screenshot_751

One Mindという機能を用いて、スマートフォンがより便利に動くために動いてくれます。

One Mindの機能はドンドン進化させるとのこと。

 

screenshot_759

ゲームのための調整を行います。

通知が来ないように、mBackに反応しないようにすることが出来ます。

mBackは触れると動作するため、非常に大事な機能です。

 

screenshot_762

通知の利便度に応じて、右上のボックスに保管されるようになります。

ボックスにはニュースの情報が入り、通常の通知にはWeChatなどのSNSアプリが表示されます。

 

 

アルゴリズムのアップグレード。

Flyme 6はとにかく利便性にこだわっているようです。

 

screenshot_771

アプリのフェードバックが180万以上あったとのこと。

 

screenshot_772

本日よりベータテストプログラムにて配信開始。

シリアルナンバー、IMEIを見るので通常の人には使えません。

 

screenshot_774

12月30日に正式に提供されます。

対応スマートフォンは以下の18機種+2モデルとなっております。

  • Meizu PRO 6s
  • Meizu PRO 6
  • Meizu MX6
  • Meizu PRO 5
  • Meizu MX5
  • Meizu MX4 Pro
  • Meizu MX4
  • Meizu U20
  • Meizu U10
  • Meizu M3 Max
  • Meizu M3E
  • Meizu m1 metal
  • Meizu M3 Note
  • Meizu M3s
  • Meizu M3 mini
  • Meizu m2 note
  • Meizu m2 note for China Telecom
  • Meizu m2 mini
  • Meizu m2 mini for China Telecom
  • Meizu m1 note

 

Flyme 5が提供されていながら打ち切りになったスマートフォンはありません。

 

Source