Android 11提供済みのAQUOS R3がイオシスで販売中、17,800円(税込)から

Android 11提供済みのAQUOS R3がイオシスで販売中、17,800円(税込)から

「けっこう安い。」でおなじみのイオシスで、SHARP製のAQUOS R3が販売されているので紹介します。

 

AQUOS R3は2019年5月に発表された製品で、NTTドコモではSH-04L、KDDIが展開するauではSHV44、SoftBankでは808SHの型番が付与されて販売されていました。製品の特徴は前面に指紋認証を備えていること、当時としては珍しい120Hz描画に対応したPro IGZO液晶を備えている点です。

 

主な仕様はAndroid 9 Pie(Android 10提供済み/Android 11提供済み)、120Hz 6.2" WQHD+(3120x1440) Pro IGZO液晶、Snapdragon 855、RAM 6GB、内蔵ストレージ 128GB(外部: MicroSD)、アウトカメラは1220万画素(静止画)+2010万画素(動画)、インカメラは1630万画素、バッテリー容量は3200mAh(有線18W/無線11W)、重量は約185gです。

 

通信はNTTドコモ向けのSH-04LはB1/B3/B5/B12/B17/B19/B21/B28/B39/B42、KDDIが展開するau向けのSHV44はB1/B3B8/B11/B19/B18/B28/B42、SoftBank向けの808SHはB1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B11/B12/B17/B18/B19/B28/B38/B41/B42に対応しているとそれぞれの公式サイトの記載されています。

 

この他、Wi-Fi 5やBluetooth 5.0対応、防水(IPX5, IPX8)/防塵(IP6X)対応、赤外線通信非対応、おサイフケータイ対応、ワンセグやフルセグ対応です。

 

  • 未使用品

使用されていない開封済み商品となりますが、携帯電話、スマートフォン、モバイルルーターに限り動作確認のため通電を行っております。本体には工場出荷時の保護フィルムが付いています。

  • 中古Aランク

使用感の少ない中古品になります。傷などが少ないため中古商品の中では美品となっております。

  • 中古Bランク

特に目立つ傷などがない中古品となりますが、経年劣化に該当する使用感が見られる商品になります。

  • 中古Cランク

経年劣化に該当しない目立つ傷、ひび割れ、付帯パーツの劣化または欠品などの状態が見られる商品になります。見た目や状態の美しさを気にされる方はご注意ください。

記事執筆時ではNTTドコモ向けのSH-04Lが中古Bランクと中古Cランクが販売されており、価格は20,800円(税込)と17,800円(同)に設定されています。KDDIが展開するau向けの中古Aランクと中古Bランクと中古Cランクが販売されており、価格は25,800円(同)と23,800円(同)と19,800円(同)に設定されています。SoftBank向けの808SHは中古Cランクが販売されており、19,800円(同)に設定されています。

 

詳しいスペックや付属品の確認、購入は以下のリンクから行えます。この機会に是非。