Meizu M3 Noteのブートローダーアンロックが非公式に可能に

Meizu M3 Noteのブートローダーアンロックが非公式に可能に
スポンサーリンク

2016年のMediaTek Helio P10を搭載したMeizu M3 Noteが非公式にブートローダーアンロックが可能になりました。

ブートローダーアンロックをするとMEIZUのサービスを受けられなくなる可能性がありますので、自己責任でお願い致します。

 

※注意(Attention)

この方法は、スマートフォン内部を書き換えます。

ファームウェアをインストールしても直らない領域を書き換えますので、全ての操作は自己責任でお願いします。

ReaMEIZUに書かれてある通りに行って、スマートフォンが故障してもReaMEIZUは責任を負いません。

 

必要なもの

  • adb環境の整ったPC
  • Meizu M3 Note
  • Root権限
  • m3note_unlocker.apk

 

How to Unlock Bootloader for Meizu M3 Note

①. Meizu M3 Noteのバージョンを変更する

ブートローダーアンロックにはFlyme 6.7.9.12 dailyという特殊なバージョンでないと出来ないようですので、こちらから当該ファームウェアをダウンロードしてインストールします。

https://firmware.meizu.com/Firmware/Flyme/m3_note/6.7.9.12/cn_daily/20170912000320/3d65e1ba/update.zip

 

②. Root権限を取得

こちらの記事を読んでRoot権限の取得を行います。

 

③. m3note_unlocker.apkをインストール

こちらからm3note_unlocker.apkをダウンロードして、Meizu M3 Noteにインストールします。

当該アプリを起動させるとRoot権限の仕様を聞いてきますのでGrantをタップし、Unlockをタップして“unlock successed ### END”が表示されたら本体の電源を落とします。

 

④. PCからアンロックを行う

Meizu M3 NoteをFastbootモードで起動させますが、起動方法はボリュームアップボタンとホームボタンを長押しし、画面左下に文字が表示されたらOKです。

PCからコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを入力し認識しているか確認します。

シリアルナンバーが表示されたら更に以下のコマンドを入力し、ブートローダーアンロックを行います。

注意:以下のコマンドを入力するとブートローダーアンロックが完了し、MEIZUのサービスを適切に受けられなくなる可能性が出てきますので、よく考えて入力して下さい。

 

その後

Meizu M3 Noteを再起動するとファームウェアがインストールされていないと表示されますが、5秒待つとTWRPが起動します。

これはm3note_unlocker.apkが先にTWRPをインストールしているからなので、決して手順を誤ったせいではありません。

TWRPでは“Wipe” -> “Format Data” ->  “yes”の順序でタップして、再起動すると完了です。

 

通常のリカバリーに戻したい場合は、こちらからflash_file.7zをダウンロードし、recovery.7z内にあるofficial_rec_based_on_7.0.imgをコマンドプロンプトから以下のコマンドを入力したら良いです。

 

Source