Google Tensor G4はTSMCで製造か、開発能力が整い次第脱サムスン電子へ

Google Tensor G4はTSMCで製造か、開発能力が整い次第脱サムスン電子へ

Googleは自社開発SoCとしてGoogle Tensorを開発しており、Pixel 6系列以降の製品はGoogle Tensorを搭載しています。現時点ではサムスン電子の力を借りて開発を行っているとされ、同社のファウンドリで製造を行っていますが、将来的に自社で開発しTSMCで製造する可能性があります。

 

ある場所に記載されていた情報によると、GoogleはTSMC 4nmを利用することを考えていることがわかります。Google Tensor、Google Tensor G2はサムスン電子のファウンドリで製造を行っているので、新しい動きを見せていることがわかります。

 

また、ある企業は顧客のGoogleがモバイル向けSoCで5nmプロセスと4nmプロセスを利用しようと考えていることがわかります。この5nmプロセスと4nmプロセスがどこのファウンドリを表しているのか不明ですが、最新のGoogle Tensor G2は5nmプロセスで製造されているので、1世代先のプロセスでの製造を考えているようだと理解できます。

 

また、ある場所ではGoogleがサムスン電子の4nmプロセスを利用したいと考えていることがわかりました。これは、おそらく2023年の秋に発表予定のPixel 8系列が搭載するGoogle Tensor G3を表しており、この製品はサムスン電子の力を借りて製造することがわかります。

 

さらに、ある場所ではPixel向けTensorで5nmプロセスとTSMC 3nmプロセスの採用を見込んでいることがわかりました。Google TensorとGoogle Tensor G2は5nmで製造されているので、TSMC 3nmは今後の製品で採用するプロセスだと考えるのが適当です。

 

総括すると、Google Tensorで採用するのは5nmプロセス、4nmプロセス、TSMC 3nmプロセスで、何に採用するのか不明なのはSamsung 4nmプロセス、TSMC 4nmプロセスです。どこか明らかになっていない5nmプロセスはGoogle TensorとGoogle Tensor G2を表している可能性が高く、また、Samsung 4nmはGoogle Tensor G3の可能性が高いです。

 

そして、TSMC 4nmプロセスはGoogle Tensor G4で採用し、TSMC 3nmプロセスはさらにその先の製品となるでしょう。TSMC 3nmプロセスに関しては費用が高いとの報道が多くあるので、すぐに採用する可能性は現時点では低いと考えています。

 

Googleが脱サムスン電子を行うとAppleとGoogleの巨大な企業がTSMCに集結することになります。技術力の差によって生まれた構図かもしれませんが、さまざまな企業からの注文が集結するというのは良くない状態でもあるので、サムスン電子にはぜひとも頑張ってもらいたいと思います。

 

Source