Geekbenchに姿を表したGoogle Pixel XEは偽物、Redmi Note 9Sを悪用し偽装

Geekbenchに姿を表したGoogle Pixel XEは偽物、Redmi Note 9Sを悪用し偽装

Benchmark

Googleが新しいミドルレンジ製品として開発していると考えられているGoogle Pixel XEですが、名称が大きく広がった翌日にGeekbench 5に姿を表しました。しかし、Geekbench 5に姿を表したGoogle Pixel XEは一部の悪い人によって生み出された偽装製品であることが明らかになりました。

 

Google Pixel XEはAndroid 11+RAM 6GBというスペックを有し、シングルコア性能は551点とマルチコア性能は1,484点となっています。識別子からSnapdragon 720Gであることは明白ですが、開発者コードを利用して詳しく見るとCPUは2x2.3GHz+6x1.80GHzのオクタコア構成でGPUはAdreno 618を採用しているので、間違いなくSnapdragon 720Gを搭載しています。

 

更に、BuildはRD1A.201105.003.A1で、検索してみるとこのバージョンは間違いなくGoogle Pixel 4a (5G)とGoogle Pixel 5に提供されており、Google Pixel XEは本物だと考えてしまいます。

 

しかし、マザーボード欄にmiatollの表示があり、これをGeekbenchで検索してみるとRedmi Note 9Sが検索結果に出てきました。Redmi Note 9SのスペックはRAM 4GBと6GB、Snapdragon 720Gをとなっているため、今回姿を表したGoogle Pixel XEのスペックと合致します。そのため、今回姿を表したGoogle Pixel XEは悪意のある人がRedmi Note 9SにAOSPベースのカスタムROMをインストールし、名称をGoogle Pixel XEに偽装しGeekbench 5で計測したものとなります。

 

今回の検証によってGoogle Pixel XEそのものが偽物ではなく、今回Geekbenchに姿を表したSnapdragon 720Gを搭載したGoogle Pixel XEはRedmi Note 9Sを偽装したものであったということになります。これは完全に憶測となりますがGoogleの2020年の製品として発表したSnapdragon 765G 5Gを搭載したPixel 5とPixel 4a (5G)、Snapdragon 730Gを搭載したPixel 4aの3機種は棲み分けが正しく行えているため、わざわざSnapdragon 720Gを搭載した製品を開発する必要はないと思います。

 

 

Source