一部のユーザー向けにFlyme 9.3.1.0Aが配信開始、Android 13に向けた準備を確認

一部のユーザー向けにFlyme 9.3.1.0Aが配信開始、Android 13に向けた準備を確認

Meizuは、2021年に発表したMeizu 18、18 Pro、18s、18s Proを利用している一部のユーザーに向けて、安定版となるFlyme 9.3.1.0Aの配信をOTAにて開始しました。

 

現在の最新バージョンはFlyme 9.3.0.0Aなので、今回配信されたものは修正版ではなく更新版となります。いくつか更新点があるようなので簡単にまとめます。

 

主な更新点は、セキュリティパッチレベルが2022年11月1日に更新、ベースバンドの末尾が.15から.16へ更新、Settings項目の最下部にヘルプとフィードバックを追加、天気アプリのAPIレベルが33に更新されました。

 

天気アプリに関してはAPI 33に更新されたことでAndroid 13を搭載した製品でも利用できるようになり、MeizuがAndroid 13を扱う可能性が出てきました。現在、最新のカスタムUIとしてFlyme 10を開発していると伝えられているので、Flyme 10は現在最新のAndroid 13をベースとしているかもしれません。

 

Flyme 9.3.1.0A for 18/18s

・Meizu 18(Link)

・Meizu 18 Pro(Link)

・Meizu 18s(Link)

・Meizu 18s Pro(Link)

Flyme 9.3.1.0AをダウンロードできるURLを入手したので共有しますが、一部の人たちに向けて配信を行っていることから、さまざまなバグを有している可能性があります。そのため、多くの人たちはすべての人が利用できる本当の配信を待ったほうがいいと思います。