COUMI ANC-860 Review – Good Budget ANC Earphones

COUMI ANC-860 Review – Good Budget ANC Earphones

Other Review

低価格なTWSイヤホンは有名な企業からマイナーな企業まで沢山の種類が出ていますが、ノイズキャンセリング機能が採用されているTWSイヤホンは1万円以上もする高価格からどこかで見覚えのある低価格なものまで玉石混交になっています。今回、低価格でノイズキャンセリング機能を有した「COUMI ANC-860」をCOUMIからサンプル提供させていただきましたので、簡単にですがレビューをさせていただきます。

 

名称 ANC-860
SoC Realtek RTL8773BFR
Bluetooth Ver. 5.0
対応プロトコル HFP/HSP/A2DP/AVRCP/SPP/PBAP
対応コーデック AAC/SBC
スピーカー φ13mm
アクティブノイズキャンセリング 対応(ハイブリッド方式)
通話時ノイズキャンセリング 対応
防水 IPX7
サイズ 30x20x24.6 mm
イヤホンの重量 片耳6.5g
ケース重量(イヤホン込み) 公式60g(実測70g)
連続使用時間(ANC ON) 約5.5時間(ケース込み:30時間)
連続使用時間(ANC OFF) 約7.5時間(ケース込み:41時間)
充電端子 USB Type-C

 

 

製品箱は黒を貴重とし、文字はロゴが金色で製品の特徴などは白色で記載されている少し高級感のある落ち着いた色になっています。背面は製品の仕様が記載されています。

 

内容物はケース(イヤホン内蔵)、イヤーピース(Sx4/Mx2/Lx4)、USB Type-Cケーブル(Standard-A to Type-C)、説明書、品質保証カードとなっています。付属しているイヤーピースがMだけ2つになっているのは、イヤホンに最初からMが装着されているためで、実際にはSとMとLは4つあります。COUMI ANC-860の特徴としてノイズキャンセリング機能が採用されている点があり、そのノイズキャンセリング機能を高めるにはイヤーピースによる“パッシブ”が必要不可欠なのでこのように全てのサイズが付属しているのは高評価。

 

説明書には日本語表記があり、使い方を正しく理解できるようになっています。

 

イヤホンケースはかなり小柄。デニムのポケットにも違和感なく入るサイズですが、ケースに付いている本革と思われる紐が取り外しが出来ないようになっていて少々邪魔に感じます。全員が全員この紐を有効活用するわけではありませんので、外せるようになっているとかばんに入れても邪魔にならないですし、見栄えも良くなります。ケース本体の質感としてはサラサラしています。

 

日本で使用するのに大切な技適マークが記載されていますが番号がなく、総務省の電波利用ホームページで技術基準適合証明等を受けた機器の検索を行っても当該製品が見つからないといった現象が起きており、この状態では合法で日本で使用することは出来ません。

 

イヤホンが内蔵された状態でのケースの重さは70gと非常に軽いです。

 

左右のイヤホンの重量は13g、片方6.5g程度となります。実際に装着してもイヤホンとしての重みは感じつつも長時間装着し続けることが出来るちょうどよい重量です。

 

イヤホンでの操作は左イヤホンの場合はタップで音量を下げる・通話操作、ダブルタップでノイズキャンセリング機能ON・外音取り込み機能ON・通常状態への切替、1秒長押しで音声アシスト呼び出し、2秒長押しで曲を戻す・通話拒否。右イヤホンの場合はタップで音量を上げる・通話操作、ダブルタップで再生・停止、1秒長押しで音声アシスト呼び出し、2秒長押しで曲を進める・通話拒否となっており、一通りの操作をイヤホンだけで行うことが出来ます。注意点としては音量の調整はスマートフォンの音量を調節するのではなくイヤホンの音量を調節するため、快適な音楽鑑賞を行うにはスマートフォン側の音量を適切にしておく必要があります。

 

イヤホンをケースから取り出すと自動的にペアリング待機状態となり、スマートフォンのBluetooth項目から「COUMI ANC-860」を選択することでペアリングが完了し、その後はスマートフォン側のBluetoothがONであれば自動的に接続されるようになります。コーデックはAACに対応しています。

 

イヤホンの装着はボタン操作を行う大きい方を下に向けるようにします。この際に左イヤホンをダブルタップしてノイズキャンセリング機能を有効化し、ある程度の音が消えているか確認をしてください。すべての音が鮮明に聞こえる場合はイヤーピースのサイズが合っていませんので、交換しなおしてもう一度装着して消えているか確認しましょう。ちなみにノイズキャンセリング機能を有効化した時に流れるノイズのような音は外や中の音を打ち消す際に必要なものなので、この音が聞こえているから故障!と慌てないでください。

 

肝心の音は低価格ということもあって低音は強いです。しかし、2,000円から3,000円の中途半端に高級感を売りにするイヤホンによる心臓に響くほどの強い低音ではなく、低音が強調されているという表現があっているかもしれません。そのためボーカルがある曲よりはEDMのような電子音をメインとしている音楽を聞くと非常に楽しめるのではないでしょうか。ノイズキャンセリング機能を有効化した時に流れるノイズのような音は、COUMI ANC-860が採用している「ハイブリッド方式」によって一切聞こえなくなっており、このハイブリッド方式とは外部に設置されたマイクによって外の環境騒音をノイズキャンセリングする「フィードフォワード方式」と内部に設置されたマイクによって耳内の残留騒音をノイズキャンセリングする「フィードバック方式」を組み合わせた方式で、特にフィードバック方式による耳内の残留騒音をしっかりと消してから音楽を再生するため、ノイズのような音が聞こえなくなるという仕組みです。(音楽と音楽の間にはそのノイズは鳴るので注意)

 

ノイズキャンセリング機能を有していなくても高い遮音性を実現するカナル型ではなく、COUMI ANC-860はインナーイヤー型なのでカナル型と比較するとノイズキャンセリング機能はいくつか劣っているように感じますが、このCOUMI ANC-860は必要最低限ではなく十分なノイズキャンセリング機能が搭載されていると感じます。更にカナル型の欠点として高い遮音性を実現するが故に装着感が極めて強いため長時間つけ続けると耳が痛くなりますが、インナーイヤー型のCOUMI ANC-860はその欠点はなく長時間装着することが出来ますので、長い通勤時間や長居することの多いカフェや図書館で使用すると相性が良いと思います。