Meizu M6sのリージョンIDを変更する方法

MEIZU製スマートフォンにはリージョンIDが設定されており、ファームウェアはリージョンIDを確認してからインストールを行います。

そのIDは中国版と国際版で違っており、国際版のスマートフォンであれば中国版のファームウェアをインストールする事ができるのですが、中国版のスマートフォンでは国際版のファームウェアをインストールすることが出来ません。

今回はMeizu M6sをマスターIDとなる国際版のリージョンIDに変更します。

 

※注意(Attention)

この方法は、スマートフォン内部を書き換えます。

ファームウェアをインストールしても直らない領域を書き換えますので、全ての操作は自己責任でお願いします。

ReaMEIZUに書かれてある通りに行って、スマートフォンが故障してもReaMEIZUは責任を負いません。

 

準備

 

やること

  1. Root権限の取得
  2. cidm6s.shを実行
  3. グローバルファームウェアをインストール

 

①. Root権限の取得

Flymeアカウントを取得し、Settings->Fingerprint & security->Root permissionの順でアクセスし、Root権限を取得します。

Flyme 7の場合はSettings -> Fingerprint & password & security -> Root permissionの順です。

今回の方法ではSuperSUは必要ありません。

 

②. chidm6s.shを実行

ターミナルアプリをインストールし、以下のコマンドを入力します。

2回目でuidが0になることを確認して下さい。

 

“uid 0”になっていることを確認して更に以下のコマンドを入力します。

yを選択するとリージョンIDが変更され、nを選択するとリージョンIDはそのままになります。

リージョンIDはスマートフォン内部領域に位置していますので、もしブリックしてしまった場合ファームウェアを再インストールなどの方法では復活できなくなります。

 

③. グローバルファームウェアをインストール

こちらからMeizu M6sのグローバルファームウェアをダウンロードし、内蔵ストレージ直下に“update.zip”として保存します。

電源を切り、電源ボタン+ボリュームアップボタンを長押しするとMEIZUのリカバリーが表示されますので、双方にチェックを入れてインストールします。

再起動したらグローバルファームウェアに変更されていますので、そのまま利用して下さい。

 

Thanks

Source