Meizu M3sのリージョンを国際版に変更する方法

Meizu製スマートフォンにはリージョンIDが設定されており、ファームウェアをインストールする際にリージョンIDを確認してからインストールされます。

そのIDは中国版と国際版で違っており、国際版のスマートフォンであれば中国版のファームウェアをインストールする事ができるのですが、中国版のスマートフォンでは国際版のファームウェアをインストールすることが出来ません。

なので、中国版のスマートフォンのリージョンIDを国際版のものへと変更し、国際版のファームウェアをインストールできるようにします。

 

2016年度mシリーズスマートフォンのMeizu m3 noteのリージョンIDも変更できるので、是非ご覧ください。

 

Meizu Pro 6の変更に仕方は以下の記事をご覧ください。

 

Meizu Pro 5のリージョンIDの変更の仕方も記事にしておりますので、Meizu Pro 5でも書き換えようと思っていた方はこちらをご覧ください。

 

Meizu m2のリージョンIDも変更できますので、是非ご覧ください。

 

※注意(Attention)

この方法は、スマートフォン内部を書き換えます。

ファームウェアをインストールしても直らない領域を書き換えますので、全ての操作は自己責任でお願いします。

ReaMEIZUに書かれてある通りに行って、スマートフォンが故障してもReaMEIZUは責任を負いません。

 

準備

  • adb環境の整ったPC(Windows 10でも可能)
  • 中国版のMeizu M3s(Flyme 5.1.5.0A、5.1.5.1A、5.1.5.2Aどれでも可能)
  • こちらからchidm3s.sh

 

ダウンロードしたchidm3s.shは以下のようになっております。

書き換える領域Meizu m2 miniと同じく”proinfo”と呼ばれる領域です。

 

①. Meizu M3sのRoot権限を取得する。

以下の記事を参考に、Root権限を取得して下さい。

 

Meizu謹製のRoot権限では上手に動かないので、SuperSUを導入して下さい。

 

②. シェルスクリプトを利用してリージョンIDを変更する。

Meizu m2で変更した時
Meizu m2で変更した時

以下のようにコマンドを入力していくと、リージョンIDを変更するシェルスクリプトが動きます。

シェルスクリプトを実行すると内部を書き換えますので注意しましょう。

 

③. 再起動する。

変更したリージョンIDを保存するために再起動します。

スマートフォン本体から再起動してもいいですし、以下のコマンドを入力して再起動しても構いません。

 


 

国際版のファームウェアのインストール方法

以下の記事から国際版のファームウェア(Flyme 5.1.5.1G)をダウンロードし、データクリアをしてインストールして下さい、

 

ファームウェアのインストール方法は以下の記事を参考にしてください。

 


 

作成手順

基本的にMeizu m3 noteと同じことをしております。

SoCが違うと、パーティションが少しづつ違うのでしっかりチェックしないと文鎮になってしまいます。

 

パーティションはmmcblk0pXですが、emmcだと領域が表示できるので、以下のコマンドで出力。

 

 

出力したのが以下。

emmc_pXとmmcblk0pXが対応します。

重要なファイルがemmc_p4なのでmmcblk0p4が必要なファイルです。

 

m3s_chid01

 

proinfo(mmcblk0p14)をdevinfo.imgとして保存し、バイナリエディタで開いてみる。

すると”0x68301001″と書かれてあります。これがリージョンIDです。

これを国際版のリージョンである68351001に変更すれば良いので、4番目の数字を”5″に変更すると国際版のリージョンIDになるため、そこだけを変更します。

 

m3s_chid

00000008の0Dだけを変更するので、16進数である8Dを10進数に変更します。

いつもと同じように便利サイトを使用して変換。

2進数、8進数、10進数、16進数相互変換ツール

 

chidm3n.shをMeizu M3sに則した数値に変更するとchidm3s.shの完成です。