/  Meizu News  /  ベータ版のアップデート周期の変更を告知。毎週から隔週に変更
Meizu News

ベータ版のアップデート周期の変更を告知。毎週から隔週に変更


ベータ版のアップデート周期の変更を告知。毎週から隔週に変更

Meizu製のファームウェアである「Flyme」は安定版とベータ版の2つ存在しています。

ベータ版は毎週火曜日に更新され、安定版は月の最終火曜日に更新されます。

そのベータ版の更新周期が2週間毎に変更されます。

 

 

2週間ごとに変更する理由として、毎週更新されるスマートフォンが16機種となっていることを原因としております。

更新される16機種は以下のようになっています。

  • Meizu PRO 6
  • Meizu PRO 5
  • Meizu MX4 Pro
  • Meizu MX6
  • Meizu MX5(e 経典版)
  • Meizu MX4
  • Meizu M3E
  • Meizu M3 note
  • Meizu M3(mini)
  • Meizu M3s
  • Meizu m2 note
  • Meizu m2 note for China Telecom
  • Meizu m2(mini)
  • Meizu m2(mini) for China Telecom
  • Meizu m1 metal
  • Meizu m1 note

そして、9月にリリースされたベータ版のファームウェアの数は53個。

10月も4週あると仮定すると、64個のファームウェアをリリースすることになります。

これがMeizuの社員を酷使することとなり、安定したファームウェアをリリースすることよりも、毎週火曜日に更新するということを優先してしまい、Meizuのユーザーのためにならないと考えております。

 

なので、ベータ版のアップデートは隔週のアップデートに変更されますが、安定版のアップデートは最終火曜日にしっかりと更新をするようです。

10月のアップデートは、Flyme 10.18 betaのみとなる模様で、次回の更新は10月25日に安定版のアップデートが行われます。

 

毎週アップデートがあるというのは強みでしたが、Meizuの社員を酷使することによって安定したファームウェアがリリースされないほうが問題ですので、アップデートサイクルが隔週になりますが、様々なバグを修正したファームウェアがしっかりとリリースされると信じましょう。

 

img_2857

 

Source



スポンサードリンク
シェアお願いします