Meizu 16/Meizu 16 Plusの正確なバッテリー容量をCEOが公開

Meizu 16/Meizu 16 Plusの正確なバッテリー容量をCEOが公開

Meizu 16th

先日TENAA(中華人民共和国工業情報化部)の認証を通過したMeizu 16(M882Q)とMeizu 16 Plus(M892Q)の正確なバッテリー容量をCEOの 黄章(Jack Wong) 氏が掲示板に公開しました。

 

CEOや魅族科技高級副総裁の 李楠(Li Nan) 氏によるとTENAAに書かれているバッテリー容量は標準値ではなく最低値なので、実際の数値とは異なるということで公開することに至ったようです。容量は、Meizu 16thが標準値3010mAh/最低値2950mAh、Meizu 16th Plusが3640mAh/最低値3570mAhとなっています。

名称が今まで発言してきた魅族16(Meizu 16)ではなく、Meizu 16th/16th Plusになっており、正式名称には“th”が付く可能性があります。先日EEC(欧州経済共同体)の認証を通過したスマートフォンの名称にMeizu 16thというものがあったので“th”が付くのは間違いなさそうです。ただ、このEECの認証では“th”が付かないMeizu 16も通過しており、何が基準となって“th”が付いているのかはわかりません。

 

Meizu 16/16 PlusはQualcomm Snapdragon 845、指紋認証センサーをディスプレイに埋め込むといった最新に技術が盛り込まれていることで注目が集まっています。この他にQualcomm Snapdragon 710を搭載したMeizu X8の存在が明らかになっていますが、TENAAやEECでは姿を表しておらず、謎多きスマートフォンとなっています。

 

Source