2017年6月1日から“中華人民共和国網絡安全法”により中国の様々なサービスで実名登録が必須に。百度はSMS認証で回避可能

2017年6月1日から中国で施行される“中華人民共和国網絡安全法”により、中国の様々なサービスで実名登録が必須になります。

これにより、中国国外からの利用が困難になり、早急に回避しないとアカウントが凍結されるというものまであります。

 

実名登録というのは単純に“田中太郎”と入力すればよいのではなく、中国人に配布されている「中華人民共和国 居民身分証」という日本で言うマイナンバーが必要になります。

この身分証には顔写真、姓名、性別、民族、生年月日、住所、個人番号が書かれており、今回施行される法で必要なものは「姓名」と「個人番号」です。

つまり、これを所持していない人は中国のあらゆるサービスが利用できなくなります。

 

これを受けて中国大手のインターネットサービスを展開している百度(Baidu)は「自社サービスではSMS認証をすれば問題ない」と微博などで告知をし、早急に登録することを勧めています。

もし、2017年6月1日までにSMS認証を済ませていないと、アカウントを削除するという旨の発言をしています。

中国で大人気のゲーム「王者栄耀」は実名登録が必須で、SMS認証による回避は案内しておらず、法が施行されると国外から利用が出来なくなるかもしれません。

 

微博、QQ、WeChatでは今のところ何も告知をしておりませんが、施行後にはおそらく利用が出来なくなると考えています。

更にこの問題は、中国現地向けのスマートフォンを利用しているとあらゆるサービスが受けれなくなるのではないかと懸念しています。

現に中国版のMeizuスマートフォンは、OTAのファームウェアは中国のネットワークを利用しないとダウンロードが出来ず、徐々に現地向けのサービスを国外から利用できなくなってきています。

 

注意

誠に申し訳ありませんが筆者は中国語が堪能ではないので、間違っている情報があるかもしれません。

何か間違っている部分があれば@reameizuまで連絡していただけると幸いで、該当箇所を削除・加筆・修正をします。

今後更に詳しい情報が出ると思いますので、その際は“中華人民共和国網絡安全法”と検索して下さい。

 

参考

Source