MEIZUのグローバルマーケティング事業部CEOが18:9を搭載したスマートフォンの登場を予告

MEIZUのグローバルマーケティング事業部CEO Ard Boudeling 氏がMEIZUスマートフォンに18:9のアスペクト比のディスプレイの登場を予告しました。

中国では魅藍ブランド公式アカウントが1月4日に何かの発表を予告しています。

 

18:9のアスペクト比のディスプレイを搭載したスマートフォンは魅藍6SことMeizu M6sになる予定で、MEIZUとしては初めてこのアスペクト比のディスプレイを搭載したスマートフォンになります。

そして、長らく大事にしてきた触れると戻る、押し込むとバック操作の出来たホームボタンのmTouchを排除したスマートフォンになる見込みで、更に2018年最初のスマートフォンになる予定なので中国では注目を集めています。

 

魅藍6SことMeizu M6sはGoogle Playヘルプで公開しているサポートされている端末のリストにて存在が判明しており、スペックはTENAAにて一部判明しています。

スペックは、Android 7.0 NougatをベースとしたFlyme 6、18:9の5.7インチのHD+ディスプレイ、2930mAhのバッテリーとなっています。

一部予想ではCDMA2000に対応したSAMSUNG Exynos 7872を搭載するのではないかと言われており、SAMSUNGとしては初めてミドルレンジモデル向けのSoCを他社に提供することになります。

 

Source