魅藍S(Meizu M6s)と思われる“M712”がTENAAの認証を通過。一部スペックが判明

魅藍S(Meizu M6s)と思われる“M712”がTENAAの認証を通過。一部スペックが判明

Meizu M6s

18:9のアスペクト比のディスプレイを搭載すると見られている魅藍S(Meizu M6s)こと“M712”がTENAA(中華人民共和国工業情報化部)の認証を通過していることがわかりました。

全網通公開版のM712Q、中国移動定制版のM712M、全網通電信版のM712Cが通過し、ライセンス番号はそれぞれ02-8292-174096、02-8292-174097、02-8292-174113となっています。

 

PC版のデータベースには登録がされていないようですが、スマートフォンから確認すると一部スペックが判明します。

Android OS、5.7インチのディスプレイ、2930mAhのバッテリーとなっています。

サイズは152 x 72.54 x 8.0 mmとなっており、5,5インチのMeizu M6 Noteよりもサイズが小さく薄いことがわかります。

 

魅藍S(Meizu M6s)はMEIZUの代名詞ともなっているホームボタン「mTouch」を排除したモデルになる予定で、SONY XperiaやRazer Phoneのような電源ボタン兼指紋認証センサーを搭載するだろうと考えられていますが、電源ボタンの上にもボタンが有り、上にあるボタンが電源ボタンで側面にmTouchを搭載するのではないかとReaMEIZUでは考えています。

 

Source