A16 Bionicを搭載したiPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro MaxのAnTuTu Benchmark v9の性能が判明

A16 Bionicを搭載したiPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro MaxのAnTuTu Benchmark v9の性能が判明

AnTuTu Benchmarkを提供しているAnTuTuが、発売前のiPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro MaxのAnTuTu Benchmark v9における性能を公開しました。

 

今回、昨年に発表したA15 Bionicを搭載したiPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、一昨年に発表したA14 Bionicを搭載したiPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Proと比較します。

 

AnTuTuは異なるOSでの比較を認めていないので、今回判明した性能をAndroidを搭載した製品で算出された性能と比較するのは適しておらず、まったくの無意味な比較となります。

 

A16 Bionicを搭載したiPhone 14 Pro(6GB+1TB)の性能は、CPU性能が246,572点、GPU性能が408,723点、MEM性能が176,151点、UX性能が146,701点で、総合性能は978,147点となりました。

 

同じくA16 Bionicを搭載したiPhone 14 Pro Max(6GB+1TB)の性能は、CPU性能が241,999点、GPU性能が403,717点、MEM性能が180,737点、UX性能が146,483点で、総合性能は972,936点となりました。

 

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの性能を比較すると、CPU性能とGPU性能ともに前者が優れていますが、今回の性能は発売する前の状況で発見されたものなので、いずれは後者のiPhone 14 Pro Maxが高い性能を発揮するようになると考えています。

 

iPhone 14 Pro MaxとiPhone 13 Pro Max、iPhone 12 Pro Maxで算出されたCPU性能とGPU性能を比較すると、CPU性能は12 Pro Maxから24.7%、13 Pro Maxから12.5%も向上しました。

 

GPU性能は12 Pro Maxから49.8%、13 Pro Maxから26.5%も向上し、CPU性能よりもGPU性能の伸び幅が大きくなりました。これはGPUそのものの向上も要因ですが、RAMの規格がLPDDR4XからLPDDR5へ新しくなったことが要因と考えています。

 

少し前に判明した性能ではA16 BionicとA15 Bionicの差がほとんどない可能性があることも予測されましたが、少なくとも今回の性能を見る限りは大きく性能が向上しており、iPhone 13 ProからiPhone 14 Proへの乗り換えは間違いのない選択と言えそうです。

 

Source