AnTuTu Benchmark v9のGPU性能にLiteの表示、ある一定の要件を満たさない場合に出現

AnTuTu Benchmark v9のGPU性能にLiteの表示、ある一定の要件を満たさない場合に出現

スマートフォンやタブレットの性能を総合的に評価するベンチマークソフトとして有名なAnTuTu Benchmarkですが、最新版のv9ではある一定の要件を満たさない場合GPU性能の欄に“Lite”の表示が出るようになっています。今回、この“Lite”について簡単に解説をします。

 

一般的に“AnTuTu Benchmark”はAnTuTu Benchmark(本体)とAnTuTu 3DBenchの2つのアプリを利用して計測を行います。本体ではCPU性能、MEM性能、UX性能を計測し、AnTuTu 3DBenchではGPU性能を計測しますが、何故GPUのみ違ったアプリなのかというと容量が非常に大きい(v9.0.9-OBは705MB)からです。

 

ここから本題で、一定の要件を満たさないとLite版での計測になると前述しました。その要件はRAM 6GB以上とVulkan API対応なので、RAM 6GB未満もしくはVulkan API非対応の場合にAnTuTu 3DBenchではなくAnTuTu 3DBench Liteを利用して計測を行います。

 

そして、この要件を満たさない場合、AnTuTu Benchmark本体とAnTuTu 3DBenchを計測前にインストールしていてもAnTuTu 3DBench Liteのインストールを促してきます。その場合、AnTuTu 3DBenchは内臓ストレージ容量を圧迫するだけの無駄アプリになります。

 

また、たとえ同じ製品だったとしても、RAM 4GB+内蔵ストレージ 64GBモデルと6GB+128GBモデルが存在する場合、前者はAnTuTu 3DBench Liteで後者はAnTuTu 3DBenchがインストールされます。

 

計測項目 通常版 Lite版
1 Refinery

(OpenGL ES 3.1+AEP)

Marooned

(OpenGL ES 3.0)

2 Terracotta

(Vulkan)

Coastline

(Vilkan)

3 Swordsman

(Vulkan)

 -

上の表がAnTuTu 3DBenchとAnTuTu 3DBench Liteで行われる計測で、全く違った計測を行っているのがわかると思います。

 

そのため、通常版とLite版の比較は不適当で、通常版と通常版、Lite版とLite版を比較するようにしましょう。v8が主流だったときに軽量版のAnTuTu Goが配信されていましたが、この時も通常のAnTuTu Benchmark v8との比較は不適当だったのでその認識を続けるだけです。