Huawei Kirin 990 5Gのベンチマークスコアが判明、Kirin 990との大きな差異はなし

Huawei Kirin 990 5Gのベンチマークスコアが判明、Kirin 990との大きな差異はなし
スポンサーリンク

5G通信に対応したHuawei Mate 30シリーズの製品、Huawei Mate 30 5GとHuawei Mate 30 Pro 5Gが本日より販売開始となりましたので、Huawei子会社のHiSiliconが開発したHuawei Kirin 990 5GのAnTuTuベンチマークスコアが判明しました。HuaweiやHonor製品に搭載されているAndroid OSをベースとしたカスタムスキンのEMUIには初期状態ではHuawei Kirin 990 5Gのパフォーマンスを引き出すことが出来ないようになっていますが、今回は真価を発揮するパフォーマンスモードと非パフォーマンスモード双方のベンチマークスコアを入手することに成功しましたので、簡単に比較を行います。

データ取得に使用したスマートフォンは、RAM 8GB+内蔵ストレージ 256GBのHuawei Mate 30 Pro 5Gです。

 

Kirin 990 5Gはフラッグシップモデル向けプロセッサーとして初めて5G通信に対応するモデムが統合されたSoCで、今現在は4G LTE市場のほうが多いので5Gモデムが統合していないKirin 990も存在しています。Kirin 990 5GとKirin 990の大きな違いはCPUのクロック周波数、GPUのクロック周波数、製造プロセスの3点です。このため、AnTuTuベンチマークやGeekbenchで違いが生まれるので、多くの人が11月1日を楽しみにしていました。

 

画像をタップすると別タブで開きます

気になる性能はパフォーマンスモードではUX性能が59,031点、MEM性能が92,866点、GPU性能が155,263点、CPU性能が152,678点で総合性能は460,108点という結果になりました。非パフォーマンスモードではUX性能が56,698点、MEM性能が90,154点、GPU性能が143,064点、CPU性能が134,481点で総合性能は426,397点という結果で、パフォーマンスモードは非パフォーマンスモードと比較して約8%程高性能化します。CPUとGPUの動きを制限しているようなので、ゲームをする人やエンコードを行う人はパフォーマンスモードが必須になると思いますが、それ以外の人は非パフォーマンスモードで十分だと考えています。

Kirin 990 5GはKirin 990(PM)の約2%、Kirin 980(PM)の約21%高性能化していますが、Kirin 990 5Gの非パフォーマンスモードはKirin 990のパフォーマンスモードよりも性能が低いことがわかります。“性能”を期待して購入するのであれば、従来機に負けている現状になるのでパフォーマンスモードが必須になると思います。

 

画像をタップすると別タブで開きます

AnTuTu Benchmark v8ではRAM容量と内蔵ストレージ容量の肥大化に対して最適化を行っており、同じスマートフォンでも6GB+128GBモデルよりも8GB+256GBモデルのほうがスコア(MEM性能)が高くなるように調整されています。そのため、AnTuTu Benchmark v8では総合性能での比較はふさわしく有りませんので、ReaMEIZUではCPU性能とGPU性能を合算したCPU+GPU性能を総合スコアに換算して比較を行うようにしました。

このグラフではKirin 990 5G(PM)よりもKirin 990(PM)の方がスコアが高くなっており、細かく見ていくとCPU性能はKirin 990 5G(PM)が勝っていますが、GPU性能はKirin 990(PM)が勝っています。今回のデータではGPU性能が155,000点になっていますが、別のユーザーのデータでは159,000点が算出されているものもありますので、だいたい同じ性能と見ていいでしょう。

 

ただ少しの疑問ですが、Kirin 990 5GのGPU性能は非パフォーマンスモードよりもパフォーマンスモードの方が約9%高性能化している一方で、Kirin 990は34%も高性能化しています。後のアップデートでKirin 990 5Gが最適化され、スコアが上がるでしょうか。今の状態では不気味に差が開いているような気がします。

 

他社のプラットフォームやプロセッサーとのスペック比較です。Kirin 990 5Gは7nm+ EUV FinFET製造プロセスを唯一採用しており、技術力の高さが伺えます。

 

画像をタップすると別タブで開きます

CPU+GPU性能ではQualcomm Snapdragon 855を上回ることに成功しましたが、細かく見ていくとCPU性能はKirin 990 5Gが大きく上回っている一方でGPU性能はSnapdragon 855が上回っています。GPU性能はゲームをする際には必須の数値ですので、より快適にゲームをしたいのであればSnapdragon 855搭載機のほうがおすすめできます。

パフォーマンスモード環境ではCPU性能は1番目、GPU性能は5番目という結果になっています。

 

画像をタップすると別タブで開きます

Geekbenchに関してはこちらの記事で詳しく書いていますので、ぜひ読んでください。

 

Kirin 990 5GとKirin 990を搭載したHuawei Mate 30シリーズが日本市場で販売される可能性はアメリカと中国の貿易摩擦が終了しない限りはないと考えています。Huawei Mate 30シリーズは貿易摩擦によってGMSが搭載されていませんので、Google Playストアを利用することが出来ません。Huaweiは独自のアプリストアがあるとアピールしていますが、Android OSを搭載したスマートフォンでは当たり前のようにGoogle Playストアからアプリのインストールや更新を行っているので、GMS非搭載スマートフォンを日本市場に投入するほど馬鹿げたマーケティングは行わないと考えています。

 

 

Source | 参考(1) | (2)