TikTok運営のByteDanceがAIチップ開発の噂、公式は否定

TikTok運営のByteDanceがAIチップ開発の噂、公式は否定

Other

TikTok(抖音/Douyin)を運営している中国北京市に本社を構えるByteDance(字節跳動/バイトダンス)が指紋認証チップを開発しているEgis(神盾股份有限公司)と共同でAIチップを開発しているという噂が中国国内に広がりました。

 

AIチップを開発していると報道したメディアによると、このAIチップは特にオーディオとビデオ処理ハードウェアに最適化され、高いパフォーマンスを維持しながら消費電力を軽減し、通常のスマートフォンでも4K Ultra HDビデオを再生したり、60fpsビデオを録画することができるようになると伝えています。このAIチップは2021年初め頃に量産が開始され、最初に搭載するのはOPPOで、その後vivoやXiaomiが採用すると伝えています。

 

しかしこの噂についてByteDanceは「これは誤報です。AIチップを開発していません。」と回答し否定。残念ながら今のところはAIチップを開発していないようです。

 

ちなみに、ByteDanceはSmartisanのスマートフォン事業を傘下に収めており、代表的なスマートフォンとしてQualcomm Snapdragon 855+を搭載したハイエンドのSmartisan JianGuo Pro 3を発表し販売を行っています。

 

Source