Meizu zeroのクラウドファンディングが3日経過。ゴールは非常に遠い位置に

世界初のHoleless PhoneのMeizu zeroのクラウドファンディングがIndiegogoにて1月30日よりスタートし、3日が経過しました。

 

Meizu zeroの出資金額は1299米ドル(約142,000円)と2999米ドル(約328,000円)の2項目、ゴール金額は100,000米ドル(約11,000,000円)となっています。3日経過した現在は、1299米ドルが18名、2999米ドルが1名、少額出資者が4名で、総計は26,410米ドル(約2,891,762円)です。

ゴール金額まで73,590米ドル足りなく、単純計算で1299米ドルの出資が57名必要です。現実的に考えて無理でしょう。

 

出資が増えない大きな理由としてMEIZUに1299米ドルを出資する価値がないことが挙げられます。同様のクラウドファンディングをHUAWEI、Xiaomi、OPPO、vivoが行ってもかなり厳しいと考えており、MEIZUという沈みゆく船に乗っている企業に出資するほど一般人は馬鹿ではありませんのでこのような結果になっています。

更に対応LTEバンドを見てみるとヨーロッパでは主流なFDD-LTE B7やB20に非対応で、対応している通信はFDD-LTE:B1/B3/B4/B5/B8なので、完全に中国市場向けの対応バンドとなっています。これでは中国国外に住んでいる人からの出資は集めづらく、難しい局面に入っています。その2つに加えてHolelessの弊害としてSIMトレイが存在せずeSIMシステムを採用しているので、eSIMが使用できない国に住んでいる人にはWi-Fi専用機になってしまうことも問題でしょう。

 

ちなみにIndiegogoでは返金制度がありませんので、ゴール金額に達しなかった場合返金される保証はありません。残り日数は28日ですが、達成できるでしょうか。

 

Source